ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 74  スペクトルの月(1)18:31:42 (2008年5月2日)
タイトル 竜安寺で、般若心経を読み直した
内容 日本文化の心に触れる会 で、この春に京都を訪ねたときに、
竜安寺で、石庭を見ながら、瞑想をし、般若心経を読み直しました。



       解説書の玄侑宗久著「現代語訳般若心経」より
「般若」の捉える「全体性」は、無常に変化しつつ無限の関係性の中にあり、
それはいつだって絶えざる創造の場である。
そこでは、我々の成長に伴って確立されるという自立した「個」も錯覚であったと自覚される。
「個」を措定していたことこそが「迷い」や「苦しみ」の元であったと知るのである。

「個」の錯覚が元となった自己中心的な世界の眺めは、このもう一つの
「知」である「般若」の実現で一変するのである。
絶えざる変化と無限の関係性が「縁起」として実感され、
あらゆる物質も現象も、「空」という「全体性」に溶け込んだ「個」ならざるものとして
感じられる。

「般若」はあくまで実践的叡智であることを忘れてはいけないだろう。
理知によらないもうひとつの体験的な「知」の様式である。
そして、世尊は、それを「般若」と呼んだ。

それでも理知的な「知」と誤解されることを懼れた鳩摩羅什や玄奘三蔵は、
『般若心経』のなかのそれを原語のまま、「般若」と音写した。
『般若波羅蜜多』というキーワードを、意訳しようとしなかったのである。
訳せば通常の「知」に堕してしまうからである。


コズミック・ダイアリー・セミナーの中で、
銀河の音、13の流れを読み取るとそこには、『般若心経』以上の叡智がある・・
と語るときがある。

「時間は、オーガニック・オーダー」というキーワードで、
そして、地球の公転と自転のワークで、
頭で完全に、四季ということばで、わかったつもりになっていたものが
実は、何もわかっていなかった。
有機的につながって、微生物から草木、昆虫、動物、山、海、成層圏に至るまでが、地球が太陽の周りをまわっていることによって、ダイナミックに、変化しているのを
感じてもらう。


====
「般若」の捉える「全体性」は、無常に変化しつつ無限の関係性の中にあり、
それはいつだって絶えざる創造の場である。
「知」である「般若」の実現で一変するのである。
絶えざる変化と無限の関係性が「縁起」として実感され、
あらゆる物質も現象も、「空」という「全体性」に溶け込んだ「個」ならざるものとして
感じられる。
====


時間は、オーガニック・オーダーが、わかるということは、
「絶えざる変化と無限の関係性が「縁起」として実感すること」
つまり、オーガニック・オーダーという形の宇宙の「無限の関係性」を感じることを
コズミック・ダイアリー・セミナーでは行います。

そして、その日から、自然を「時間は、オーガニック・オーダー」という
リアリティのなかで、感じ始めます。
一輪の花から宇宙を感じ、海を観て、宇宙を感じるのはあたりまえになります。
つまり、実践的な智慧を身につけます。



==============
『般若心経』が難しいのは、我々に体験的な「知」への転換を迫るものだからである。
==============

コズミック・ダイアリー・セミナーを素直に受け取れたものは、
日々、体験のなかで、感じることを促される。


====

「般若」はあくまで実践的叡智であることを忘れてはいけないだろう。
理知によらないもうひとつの体験的な「知」の様式である。
そして、世尊は、それを「般若」と呼んだ。
=====

コズミック・ダイアリーで、
自然を感じる、その自然の摂理、宇宙の摂理・・・それを感じるという
実践的な叡智を日々、身につけていく・・・・




そして、私というエゴから、宇宙意識へと促す、ナチュラル・マインド・メディテーションを日々、行うように勧める。
エゴから、宇宙意識へ

====
我々の成長に伴って確立されるという自立した「個」も錯覚であったと自覚される。
「個」を措定していたことこそが「迷い」や「苦しみ」の元であったと知るのである。
「個」の錯覚が元となった自己中心的な世界の眺めは、このもう一つの
「知」である「般若」の実現で一変するのである。
====



コズミック・ダイアリー・セミナーを受けて、自然が違うように見え始めたあなた・・・
その意味をもう一度、見直して欲しい。

「般若」という智慧。
でも、智慧と訳してはいけない、実践的な叡智。
そして、本来の宇宙の実相であるから、本来はあらためて得るべきものではない。
でも、現代人は失ってしまっているもの。

「時間は、オーガニック・オーダー」という言葉で、柳瀬が伝えていることは、
これと、あまりにも重なることに気がついた。
竜安寺の石庭で、瞑想しながら・・・・・

時間はオーガニック・オーダー というキーーワードと
マヤの叡智から生まれたダイアリーで、
新しい時間に、旅立つだけである。
しかも、たった1日のセミナーで・・・・・
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase