ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 88  スペクトルの月(15)22:59:34 (2008年5月16日)
タイトル インターネットがつながるところに・・・
内容
スペクトルの月12日 KIN85赤い共振の蛇

3日前のブログを・・・・


オーストラリアに向かう飛行機の中で突然目が覚めた。
「日本について、日本人について、
  祈りについて  本を書かないと」 新しいエネルギーに呼び起こされる。

16分遅れで、シドニーに着く。

着陸、離陸のときに、姿勢を正すのが重要・・・・
素直な姿勢でいると、衝撃が、ちょうどいい形のカイロのような刺激になって、
正常になるような姿勢でいることが重要。
ゆがんだ姿勢、たとえば、足を組んだりしていれば
普通受けない衝撃が、ぎっくり腰のように、
その姿勢のせいでゆがめてしまうかもしれない。

素直な姿勢でいると、外からのショックが、逆に、
いい形の刺激になって、いい方向に受け取ることができる。

普遍的な真実であることに気がつく。


般若心経を、飛行機の中でも読む。

「不垢不浄」
きれい、きたない はない。
「私」にとって親しく好ましいものは「浄」なのであって、
好ましくなく、他者と感じられる存在は「垢」になる。
「戯論」である。ものごとの実相を見るために、是非とも、排除すべきものである。


また、石さんの「地球、環境、人間」を読み始める。
2006年にすでに、バイオマス燃料による食料の高騰を予測している。
一方で、バイオマスを進める政府と企業。
このギャップをどうとらえるか?



シドニーで乗り換えて、ゴールドコーストの空港に着く。
ホゼとステファニーと、再会のハグをする。
グレッグというホゼの友人が、一緒にきてくれいる。
15日に、通訳を頼んだ、棚橋さんも、来てくれて、顔合わせをする。

打ち合わせのMURGAN の場所を、グレッグが地図を書いて説明しているが、
わかりにくそうだそうだ。


バイロンベイに向かう。
約1時間ぐらい。
その間、ホゼたちが、日本からニュージーランドに帰る途中で、
オーストラリアで、打ち合わせをして・・・・というのが、かなり長くいるのはわかっていたが、いつ来たのか?と聞くと、あのまま、ずっとオーストラリアにいるとのこと。

あとで、翌日、ホゼの秘密の隠れ家? で打ち合わせのときに
ニュージーランドの永住権がとれずに、しばらく、
ここにいる・・・ということを知る。

遠くにゴールドコースト・・・
バイロンベイの海岸に、ビーチに着く

ネイキド・ジュース という店で、ベジテリアン・ピザと、グリーンサラダとセクシー・マンゴというジュースを注文し、
海岸にピクニックといいながら、もって行き、青い空と海と、パウダーのような砂の元で
昼食を取る。

ライトハウス、灯台までドライヴ、
夜に来れば、20日の満月の日には、夕日と月の出が同時に見える
すばらしい場所だとわかる。

さて、これからお世話になる、ホゼがお世話になっているところに向かう。
柳瀬が過ごすには、完璧な場所だとホゼが説明した場所に・・・・

15分ぐらい走ったハイウェイから、急に、標識もないもないところを
左に入っていく。
プライベートと書いてある。
細い、車一台、わだちのようになっている細い道を、ずーーと走っていく。
途中に、小さく Mulgan の標識・・・
入っていくと、森の中をさらに、アップダウンの細い道が、私道が、
ずっと続いている。

馬がやってくる、丘に最後に登っていくと
アルパカが二頭いる。

入り口について、ローズと挨拶する。
グレッグとローズは友人。
グレッグは、自分ではウィッチ・ドクターといっていたが、
ナチュラルパークの樹医をしていたが、もう引退し、
15歳からサーファーなので、このバイロンベイにいる。
海と山があり・・・
ローズは、ポートランドにいたが、台湾、日本・・・9年、
そして、バイロンベイに移ってきた。
もう14年いるそうだが、9年間、ラジオの番組を持っていて、
ホゼのインタビューをしたことがあり、
その番組のコピーを持たされた。

この家・・・それとは別に、ゲストハウスがあり、
行くと、プール、そして、海がずっと広がっている。

プール付のゲストハウスに入ると森の中の家。
三方がすべてガラスになっていて、
プールサイドが気持ちがいい。

ホゼは、3週間ここにいたという。
ホゼたちは、別のグレッグの家のほうに消えた。
一山越えたところにある。

ディナーまでの間、部屋で荷物を解き、シャワーを浴びる。
出てきて、プールサイドに来ると
虹が出ている。

ニュージーランドのときも、打ち合わせの前に虹が出た。
今回も、きれいな虹が、海から出ている。

部屋には、KITARO のテープが置いてあり、
日本に今、戻ってきている喜多郎さんに、
バリから戻ったら、連絡する予定が、遅れてしまっているのに、気がつく。

KITARO の音楽を聴きながら、もって来たコンピューターをコンセントにつなぐが・・
やはり、インターネットにはつなげない。
日本とメールのやり取りはできない。

夕食は、若い画家が作ってくれている。
そばの野菜焼きそば・・ただし、味は、ソースでも、しょうゆでもなく、
ナチュラルなもの・・・・・

通訳がいないので、ブロークンで、笑い飛ばしながら話す。
ホゼは、柳瀬に「あなたはファニーなガイだと・」・・笑いながら言っている。

ワーナーの極東代表が、オーストラリア人だったことがあり、
そのオーストラリア人が、次のうちあわせは、ゴールドコーストで、
リゾートミーティングをしようといわれたことを、
20年近く前の話を思い出し話す。
そのとき、ゴールドコーストに、ワーナーがスタジオを作ったころだ。
そして、オーストラリアで、ポストプロもでき、撮影もでき、
さらに、テーマパークも作るとか、作ったとか、言っていたのを思い出す。

ホゼとステファニーとローズに、
バットマンで、日本で初めての大型タイアップを決め、
翌年は、ワーナーが、電通にというか、柳瀬に、
ラインアップを示して、どれでもいいから、手伝ってくれと、
プレゼンしてきて、スピルヴァーグのタイニーチューン・アドヴェンチャーを選び、
ロスのワーナーの重役連中に、通訳をつれて、
プレゼンに行ったことを話す。

そのあと、ワーナーテレビの社長からヘッドハンティングされ、
そのいきつなど、さらに、
大学で、フランス文学をやらずに、多少、英語をやっていれば、
完全に、違う人生を送っていただろう・・・・などなど


あと、画家で、音楽もやる若者がいたので、
祭りの意味、
時と場所を選ぶことによって、たとえば、満月にコンサートをすることが、
どういう意味をもつかを、説明する。

音楽が生まれた原点を、その同じエネルギーを感じ、そこで再現し、
今の最高の音楽を生み出す。
そのとき、自分の才能を超える、
自然のエネルギーが宿り始める。
それを繰り返すことによって、ほんもののアーチストになっていく・・・・



夜は、まだ、風邪が抜け切らず、
般若心経 と 「地球、環境、人間」を読んでは寝て、
また、起きては読む。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase