ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 88  スペクトルの月(15)23:01:32 (2008年5月16日)
タイトル 天の川がどこかわからないぐらい
内容
天の川がどこかわからないぐらい、星に満ちている。
朝の4時を過ぎると、もう、月は沈み、
満天の星だ。




スペクトルの月 14日
86 白い銀河の世界の橋渡し


朝、散歩をする。
森の中の道を行く。
アルパカに挨拶、馬に挨拶。
グレッグに挨拶・・・・

かなり山を下ったところに川があり、
もうひとつの道があり、そこをあがったところに、
ホゼとステファニーのステイ先、グレッグのもつ、
ゲストハウスとグレッグの家があるのだろうと推測して、
引き返す。

登りがきつい。アルパカが笑う。
門のところで、グレッグと再会。
促されて、ローズの家の上のほうまで歩いていく。

海までの展望がすばらしい。



今日は、クリスタル・キャッスルに行くという。
クリスタルの城?
意味がわかったようで、わからない。

中国での地震、チリでのボルケーノの話、
プレゼントした、コズミック・ダイアリーの手帳についての話・・・
スペクトラルの月  リリース、大地のエネルギーの解放・・・?

オーストラリアの自然の中をドライブし、
クリスタル・キャッスルに。

西洋人の仏教のイメージと、
庭をクリスタルのパワーと、クリスタル・ショップを融合したような
不思議な空間・・・・

散歩しながら、般若心経の話をする。
LAKSHUMI、AVALOKITESHUVARA 、など、庭の仏像の前で、
その意味についてホゼと交感する。
AVALOKITESHUVARA の前では、千手観音の話をしてから、
森羅万象すべてが、悟りを得るまでは、自分の悟りを遠ざける
というホゼの菩薩のメッセージを、コズミック・ダイアリー・セミナーの
あとに立ち上げるML。それを数ヵ月後に閉じるときの
最後のメッセージとして・・・・・つまり、時間は、オーガニック・オーダーを
知ったなら、この菩薩の意味がよくわかるはずなので、
卒業の意味をこめて、送るという話をした。

テラスでカプチーノとケーキを食べながら、
ホゼに、ニュージーランドで話した
クリスタル・デーの瞑想に、クリスタルを使う・・・という話をして、
どんなクリスタルがいいか?
と聞くと・・、クオーツがいい、とう返事。

明日、会うフィリップというインターナショナル・バンクで、
50年仕事をしてきた老人が、本屋で
ホゼの「時間とテクノスフィア」が、落ちてきて彼の頭にあたった。
その本屋とは、ここのブックショップだと知る。
ホゼの、「アース・アセンディング」が一番上においてあり、
何冊か、ホゼの本があったが、「時間とテクノスフィア」はなかった。
そして、何冊もの2012年の本が、一緒に置かれていたが、
ステファニーは、全部、ホゼのまね・・・というようなことをはき捨てるように・・・

庭中のクリスタルを見た後なので、クリスタル・キャッスルにきた記念に
クリスタルを、瞑想のために・・・と思い、
一人で、見に行く。
クオーツを見るが・・・どうも決めかねて、
ローズ・クオーツをおみあげに・・・・と見ているところに
ホゼが来る・・・ステファニーも来る・・・

一長一短で、選べない・・・といいながら、気になった水晶を見せると
ダブル・ターミネーターのものをみせるとステファニーが
きれいだ、いいというので、それを買うことにして、
レジで、13の月の暦の話、今、ホゼ・アグエイアスと来ている・・・
という話をしているとホゼが、
水晶の集いのための、クリスタルを選んで、もってきてくれた。

ブックショップでも、ホゼを紹介する。



バイロンベイの北・・・
バイロン・ケープの海岸で、瞑想する。

ホゼが、海と、山と、どっちが瞑想するのが好きか・・・と聞いてきた。
海はパーフェクトだ・・・などと語り合って

宇宙を感じることなしに、海を見ることはできない・・・と伝える

ギリシャ料理のサンドイッチみたいなもの・・・
をローズが買ってきてくれた。

白い砂 太陽の下、海と、サーフィンする少年たち・・・

日本出るときに電話を教えて・・・とメールをした
Organic café の方からメールがあり、電話番号を聞いたので
電話する。
明日の通訳は手配してあるが、
あさって、もし、残った話があったときのために
バイロンベイで、カジュアルでも、通訳がいたほうが・・・と思い
相談する。
Organic café の方は、夜まで難しいが、もう一人あたってくれる。
そのJUNKO さんが快諾してくれた。
彼女は、8-9年前に、
13の月の暦に出会い、使うのが難しかった・・と、
「時空のサーファー」を友達に貸していたのが、戻ってきたばかりだと・・
話してくれた。

これを機に、
バイロンベイに、コズミック・ダイアリーの拠点ができれば・・・・
すばらしい。

クリスタル・キャッスルにも、コズミック・ダイアリーを送っておこうか?


バイロン・ベイのメインストリートを歩く。
ビーチ・ホテルもチェック。
海岸沿いのこのホテルで、一泊することを考える。

ホゼの言う、レインボー・ピープルを・・・
バイロニアンという言葉があった。



夜、インターネットがつながらないが、ブログ用の原稿を書く。

そして、ジュリアン・レノンがスポンサードした、
Whaledreamer というDVDを、ローズが見て欲しい。
そして、もし、興味があったら、日本での公開などを考えて欲しいとのこと。

深夜、思いついて、観る。

鯨と、アポリジニーと、地球の話・・・

ビジネス的なアドヴァイスを整理し、
次の日に、アドヴァイス・・・・権利の確認についてと
準備段階から、プロモーションも考えたプロデュースが必要とローズに話す。




スペクトルの月 15日
87 青い太陽の手


朝9時から夕方5時まで、元国際銀行のフィリップと
弁護士のチャールズと、ホゼと、ステファニーと打ち合わせ。

詳細省略

夕食時に、通訳抜きで、かなり、激しく
ホゼ、ステファニーと議論する。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase