ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 145  宇宙の月(16)11:09:18 (2008年7月12日)
タイトル 今日から、第14回 講師養成講座です
内容 朝から、本当にいい天気です。
今日から、 第14回コズミック・ダイアリー講師養成講座  を行います。

2008年7月12日(土)、13日(日)、14日(月) 2泊3日
   宇宙の月の16日、17日、18日
   145赤い月の蛇 146白い電気の世界の橋渡し 147青い自己存在の手
の日程です。

コズミック・ダイアリー・セミナーをはじめた、一番の目的は講師を養成することで
す。

マヤ暦のカレンダーとしての意味。カレンダーの意味。そして、
「時間は、オーガニック・オーダー」ということを通して、時間を教え、
自然時間を多くの人が取り戻すことに、情熱を傾ける講師。
そして、マヤの預言が、今、出てきた正確な意味をとらえ、人の進化に向けて、
精神圏に向けて、シンクロからわかりやすく伝えていける人が必要だからです。


皆さんも、富士山の方に、3日間意識を向けていただけると幸いです。




つい最近、MLなどで、連絡のあった講師の報告を、
転載します。(転載には、喜んで了解してもらっています)



みなさま、イン・ラケチ☆
鹿児島より、第5回講師のNaomiです。

今日は、とっても感動したのでこちらのみなさんにお伝えしたくてメールしてます。

実は今日は私の第19回目のセミナーでした。
参加者は6名でしたが、大雨にもかかわらず、おふたりは北九州小倉から(朝5時半
起きだったそうです)、おひとりは宮崎県から、おひとりは北薩(鹿児島の北部)か
ら、
おひとりは大隅半島から・・・と、遠方の方が多く、私にとっては本当に有り難いセ
ミナーとなりました。

何より嬉しかったのは、おひとりおひとりから、

「参加して本当に良かったです!今日からダイアリーをつけるのが楽しみです!」

と言われたこと、です。
参加者の喜びは、私の原動力です☆

私はセミナーの中で、時間について、ほとんどの方が持っているような今の感覚(時
計時間に追われていることなど)を少しずつ解きほぐしていくような流れで、本来の
自然時間についてお話を進めていくのですが、自然時間や月のリズムのお話をしてい
く中でそれぞれが本当に大切な何かを取り戻したように表情が和らいでいく様子を見
て、毎回のことながらものすごーく嬉しいです。

同時に、私自身がコズミック・ダイアリーに出会ったときのことや、柳瀬さんのセミ
ナーに出て感動したこと、講師になりたい!と思ったときのあの情熱、講師に認定し
てもらえたときの涙、愛する同期の仲間、彩乃さん、honey、いっこのことをいつも
思い返します。

私には、「今、ここ」にすべてがあります。

改めて、コズミック・ダイアリーとの出会いに、柳瀬さま、みなさまとの繋がりに感
謝したいです。
本当に素晴らしい機会を与えてくださり、ありがとうございます☆

ついつい興奮して書いてしまいました!
お許しください!

Naomi



インラケチ

アースディとやま2008 富山大学内でのコズミックダイアリーセミナー
無事終了いたしました。

前夜、
知恵を授けていただいた、ホゼ博士や柳瀬さん
応援メッセージをくださったNaomiさんやみなさんに
感謝がいっぱいになって、その思いをもって語りました。

今回は、いつもとは違い、あまり深く追求したことのない
データー的な資料を作り、
暦の歴史のエピソードと社会変化
暦による意識のプログラミングの例を大きな柱にして
コズミックダイアリーが作られた理由へと繋げていきました。

その他、プロジェクターも使えたので、
かぐやから見た「満地球」の映像や
パワーオブテンの映像も組み込み
宇宙の中の地球という惑星に生きていることも感じていただきました。

「それでも、あなたはグレゴリオ暦に合わせて生きますか?」
「早くこういうセミナーが必要のない世界になればいいと思いませんか?」

最後はそんな言葉になりました。

今回、参加者の方からは「すっきりした」という感想がありました。
そんな感想をいただいたのは初めてです・・・・。
そして、実は、資料を作ることで、色々なことが整理され
自分が「すっきり」していました。
不思議ですね。

また、イベント全体の中では、良くも悪くも、さまざまな「現実」を見ました。
本当に心から
早くコズミックダイアリーセミナーが必要のない社会になればと思います。

週末の夏至は、みなさんと、富山市天文台へ行き
星の観測、南中時刻の変化などについて説明していただき
もっと、惑星や銀河を身近に感じていく
共振の場を予定しています。

たくさんのお陰様に感謝です。

 ∞ 藤田小百合 ∞
 KIN 191 青い太陽の猿
意志 脈動させる 実感する
魔術 遊ぶ 幻想



柳瀬さま、皆さま

インラケチ! 小松です。

柳瀬さんのメールを拝見して、
改めて自分が受け取ったもの(分けていただいたもの)、
これからお伝えするもの(お分けするもの)の大切さ、素晴らしさに改めて思いを馳
せました。

オーガニック・オーダー、そして共振の意味、
コミュニケーションは創造だということ。
たくさんのギフトが、さまざまな形で私の生活を変えてくれたことに
改めて感謝します。ありがとうございます。

実は先日、雑誌編集者として
国内のジュエリー・メーカーさんでジュエリーについてのセミナーを行いました。
この春にプラチナの広報機関から頼まれて
国内ジュエリーメーカーさんを集めたセミナーでも講師を務めさせていただいたので
すが、
それに感銘を受けた部長さんが「ぜひ、我が社の社員にも聞かせたい」と、お声かけ
くださったのです。

私がふたつのセミナーでお話したのは、講師養成講座で教わったことでした。
「ジュエリーづくりとは、いかに消費者との共振を創りだすかということ」
「消費者とのコミュニケーションをいかに創造するか?」

それを基本に、雑誌編集の立場から
普段、国内メーカーのジュエリーを見ていて感じる改善してほしい点などを踏まえて
お話しました。
もちろん事前には、私と社員の皆さんの間に共振の場が生まれるように
お話の構成や内容を考えて。

フリーの雑誌編集者は星の数ほどいるなかで、
セミナーの講師としてお声かけいただいたこと自体、そこに何かのシンクロを感じず
にはいられません。

そして何より、講師養成講座を受け、コミュニケーションについての極意を教えてい
ただいたからこそ、
今回のセミナーで共振していただけるお話ができたと思っています。
(一説には柳瀬さんのパクリとも・・・あはは、ありがとうございます!!!)
まさに「分けていただいたもの」を「お分けする」、ひとつの例ですよね。

ジュエリーという限定した仕事においての話ではありましたが、
「すべてはつながっていること」を認識していただき、
そのつながりのなかでブレのないコミュニケーションを創ることが大切なのだという
ことをわかっていただけたようです。

セミナー終了後、特に若い女性が何人もいらして少しお話をしたのですが、
皆さんが欲していたお話をすることができたんだと確認できて
ほっとすると同時に嬉しかったし、
世の中の多くの方がいろんな形でコミュニケーションの大切さに気づきつつあ
る・・・
そんな時代になっているんだなと感じたりもしました。

オーガニック・オーダーのスピリットは
コズミック・ダイアリーのセミナーにおいてだけではなく、
本当にいろんな形で生きている・・・そのことに感謝せずにはいられません。

翻って実生活を思えば、
いつも上手なコミュニケーションがとれているわけではありませんが(汗)、
完璧な人間なんていないですから、
経験を重ねながら、少しずつでも進化していければいいんだと自分を労っています
(苦笑)。

自分の話ばかりで恐縮ですが、
皆さんそれぞれに、いろんな形でコズミック・ダイアリーの叡智を生かし、分かち合
いながら、
螺旋上昇していくことをお祈りしています。
そして、その螺旋にお意乗りしたいです!



75人、全員ではないかもしれませんが、
ひとりひとりの講師が、
その存在と、活動が、

この地球に、新しい息吹を吹き込んでくれていることに喜びと感謝を感じます。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase