ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SATSUNMONTUEWEDTHUFRI

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 183  磁気の月(25)09:27:49 (2008年8月19日)
タイトル 2008喜多郎・第13回富士山讃歌  報告
内容 8月17日 満月  赤い水晶の竜 の 日


雨の富士山、太郎坊に集まり、
満月の夜、日没から、日の出まで、10時間ほど、

平和を祈るために、
太鼓の一打ちごとに、平和への思いを込め、
富士山に、大地に、それを伝え続けました。


「雨が降ろうが、天気であろうが、私には関係がない。
 どちらも、感謝です。雨にも感謝・・・」
という喜多郎さんの挨拶に、
「満月の十三祭り」で、山口小夜子さん、喜多郎さんと一緒に、記者会見したときの
記者の「雨が降ったら、どうするんですか?」 という質問に、
柳瀬が7年前に、「祭りは、雨でもやります」答え、その後話した内容を思い出しました。




先日からずっと新しいスタジオでこれからの祈りのコンサートの為
の準備をしています、
「本当にこれからが本番です、生けとし生けるもの全てが平和に暮ら
せる様にする為の祈りを音で
御祈りをして行くしかないという事が明確になってきました、」
また近い将来、祈りの音楽際を企画しましょう、
富士山で御会い出来る事を楽しみにしています、

合掌
喜多郎


このメールの
「本当にこれからが本番です、生けとし生けるもの全てが平和に暮ら
せる様にする為の祈りを音で
御祈りをして行くしかないという事が明確になってきました」

というメッセージを喜多郎さんは、
2ヶ月前に亡くなった、喜多郎さんの太鼓の師匠である方への追悼の思いとともに、
とつとつと伝えていました。


そして、その思いをこめての、喜多郎さんの太鼓の演奏が始まりました。


その熱い喜多郎さんのパフォーマンスがあり、
そして、喜多郎さんが、こちらを向いて、
柳瀬さん、柳瀬さん、と呼ばれたので、近づき、
ばちを渡され、次に太鼓を叩きました。

富士山への奉納のと、平和への思いを胸に、
大太鼓の「喜多郎太鼓」に、祈りの合掌をし、

ひとうちひとうちに、平和への願いを込め、
息があがるまで、12-3分でしょうか、
本気で腰をいれ、喜多郎さんに負けない思いと力を込め、
本気で太鼓を打ちました。



そして、お酒をいただきながら、太鼓を打ち、また打ち、

声をかけ、来てくれた、
8年間、大宮八幡宮での時間はずした日の祭りを
続けてくれている黄色い戦士の 響道宴が、
喜多郎さんと、競演するような形で、場のエネルギーを上げ、
2時間ほど、叩き続け、
ひと息ついたときに、

ハートの熱い奴なので、紹介したいと、喜多郎さんに話すと、
「ぜひ、今度、一緒にやろう」と喜多郎さんが、響に声をかけてくれました。
この太鼓の祭りの中で、
時間をはずした日の祭り、満月祭りを行ってくれたアーチスト二人が、
これから、一緒に、競演する場が、うまれることになりました。
(・・・・といっていいと思います。)




また、数日前に、ご案内のメールが来ていた、
インド映画に今、出演中で、ダンサーで、熊野神社中心に奉納をよくやられているのですが、チベット体操を教えている板倉リサさんが、
一昨年か、セミナー参加者で紹介する人があって、
本人は喜多郎さんにお会いしたい、
という希望があり、富士山讃歌で、御紹介します。

と2年前会ったときに、お話していたのを思い出し、
いただいたメールに返信し、彼女もやってきました。

深夜になりましたが、喜多郎さんが、みんなで叩いている太鼓を
一度、止め、彼女が踊るために、太鼓演奏をし、
印を切りながらの、ダンスと喜多郎さんの太鼓のコラボレーションが生まれました。
彼女は、インド人の血をひいています。



この満月の直観で、
11月9日、タージマハルでの、喜多郎さんのコンサートに行くことにしました。
スケジュールを調整します。

世界の聖地での祭りを、電通をやめたときのスケジュールでは、2006年から、もう始めていないといけないスケジュールでした。
そのヴィジョンをもう一度、確認する機会、あるいは、これも、その一環かもしれないと思い、行こうと思います。

(ちなみに、柳瀬は、新婚旅行でタージマハルも、訪れています。)



雨の中、会場を少し離れたところに、3人でふっと出かけ、
空を見上げると、満月が雲の合間から、一瞬挨拶をして、
そして、消えていきました。

満月祭り以来、月は必ず、挨拶に来る、とこの二人に話したばかりだったので、
一緒にいた人は、本当に挨拶に来た・・・・という感じだったので、感動していました。



そして、朝、写真にはその色が、写らないような微妙な光と空が、
あまりにも、美しく、祝福と感謝を感じました。


富山から講師の富田さん、
セミナー参加者で、柳瀬と同じKIN の秋山さん、鈴木さん、
豊川から清水さん、
FEEL THE FUJIに親子で参加してくれた藤井さん、
(ちなみに、今、その娘さんは、VIVIを中心に活躍中の藤井リナさんです。
>PS あっ、そういえばもうひとつ感謝。
>Feel the FUJIをやった時に、会場に来た私の娘を覚えていますか?
>柳瀬さんがMLで褒めてくださったのが嬉しかったです。
>そして「柳瀬さんの予言通り?!」、娘は今、モデル・歌手・デザイナー・タレントとして活動させていただいております。ありがとうございます☆
http://www.lenalenalena.net/blog/

他にも、ニュヨークで活躍している華道家、
顔見知りのカメラマン、スタッフ、などなど、
多くの知り合いとあえて、心がつながっているのを感じました。




祭り、満月、富士山・・・・・
祈り、平和への思い・・・・
これは、柳瀬と、喜多郎さんの共通のキーワードです。

そして、たぶん、皆さんとも、そこに、共振の場があると思っています。

ぜひ、来年は、皆さんもご一緒しましょう。



Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase