ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 44  自己存在の月(12)04:52:04 (2006年10月29日)
タイトル エハン・デラヴィ と グラハム・ハンコック
内容 昨日、コズミック・ダイアリー・セミナーを行った
公式講師のflower heart さんからのメールに

> 参加者の方がこんなブログを送ってくれました。
> http://echan.thd-web.jp/e1633.html

と、エハン・デラヴィのブログが紹介されていました。 11月にグラハム・ハンコックと講演とツアーを行うようです。

10年近く前に、
エハンがカナダにいたときに、桐島洋子さんの紹介で、ノエルさんと一緒にエハンのところに遊びに行きました。
それが、出会いで、朝まで語り合いました。

エハンが、リモート・ビューイングを学ぶ前でしたが、
その話を伝えるために、ソニーの井深さんの息子さん、
透視を研究していたソニーのエスパー研究所の佐古さん
足立育郎さんに、自由が丘の(当時の)我が家に集まってもらったのを思い出します。

その後、・・・・・話すと長くなりそうで・・・飛ばします

昨年の夏頃、かなり長い時間、二人で話をしていて、
そのときに通りかかったのが、
昔からの友人のトータルヘルスの社長の近藤洋一さんで、
今回の一連の講演、ツアーの主催者ですね。

また、直後に日本テレビの大晦日のたけしの番組のプロデューサーから電話があり、
2012年について、本当の話、マヤの預言の意味を伝え、
預言を理解するために、ホゼ・アグエイアスを取材するように助言しましたが・・・

結局、
あんな番組で、エハンも、ほとんど発言しない形・・・

ただ、そのときに会った、グラハム・ハンコックとエハンは
その後に、ずっとつながりがもてたのですね。

東京での講演会の
11月26日は、柳瀬も、コズミック・ダイアリー・セミナーなので
講演にはいけないのですが・・・19日、京都に行ってみようかと、
考え始めたところです。

エハンにメールを送ってみよう。

とりあえず、
『人類の発祥、
 神々の叡智、文明の創造、
 すべての起源は「異次元(スーパーナチュラ ル)」にあった』



『キリストの心理分析』

は、今、購入しました。


今、マヤに行っているM.Tさんに、出発直前に送ったメールです
・・・・・・・
今、ホゼの「マヤンファクター」の再販に、少し、文章を載せるので、
2012年について、初めて書かれた本、ということで、
7-8年来の友人でエハン・デラヴィの講演をチェックしていました。
ニューエージ最先端、なので、それは味付けとして、
日本にいる人間のなかで、2012年について、一番勉強していると思います。

前回ホゼと一緒に3回講演した中で、
パーシモンホールでは、
エハン・デラヴィも、一緒に講演したのですが、
関西弁で、面白いので、
息抜きに、お読みください。

      柳瀬 宏秀∈黄色い水晶の人∋ 


 掘2012&Time is Art コンサート
日時:2005年11月28日(月)[倍音の月14日 赤い銀河の月] 
1部 16:20 講演 エハン・デラヴィ 「太陽の暗号」著者 KIN242白い銀河の風

【紹介】
エハン・デラヴィさんの銀河の署名はKIN242白い銀河の風です。マサナラ・ジャパン代表、意識研究家、冒険家、作家、様々な分野でご活躍中です。
スコットランド生まれ、日本文化に出会って、禅、弓道を学びニューエイジを超える新しい文明「リアルエイジ」の提唱者です。カナダでの事業を終えて、リモートビューイングを日本に伝えました。全世界で講演や研究家のインタビュー、ワークショップなどで活躍中です。著作に「マージングポイント」共著、「フォトンベルトの真相」、「パワーかホースか」の翻訳、最新の著作「太陽の暗号」ではホゼ・アグエイアス博士の新刊「時間とテクノスフィア」を紹介しています。
関西弁の得意なケルト人、エハン・デラヴィさんです。

それでは皆さん、拍手でお迎え下さい。エハン・デラヴィさんよろしくお願いいたします。



みなさん、こんにちは。初めての方ちょっと手を上げて頂きたいんですけれども。
わぁ最高、じゃあ私の話初耳だということになりますが、50分しかございませんので、かなりたくさんの情報を皆さん方にその間に提供させて頂きたいと思います。

ホゼのお話、ご理解頂けたでしょうか。
親分だから、親分ですよ、私から見てこの2012年というテーマの親分です。彼なしには今の世界的な2012年に対する意識のシフトはありまへんでと。大親分です。だから、今日同じステージに私が登場することが出来るということはとても光栄でございます。本当に立派な人間です。本当の宇宙人ですよ。即ち宇宙文明を報告するというお役割を持っていらっしゃる方ですので、本当に骨折って全世界にこういう事をやっていると言うことは、皆さん、想像を絶する活動ですよ。だって、宇宙文明は、政治家のレベルでは、全く無視ですよ、経済のレベルでは知られていない訳ですよ。皆さん方は、政治家に頼ってどうにかしてくれと言うレベルの話でございませんので、彼ぐらいの人が出てこなければもう地球人は全滅ですよ。だから、どこまで今日のメッセージをご理解頂いたかによってですよ、これからの7年間がどれだけ変わるかということですね。軽いメッセージではないんです。だから、私自身も1992年から全く同じメッセージを唱え続けている訳です。これだけ大事なことです。だから、聞いていらっしゃる皆さんの中で、「まぁあるかもしれない、ないかもしれない、まぁ聞いてみよう」という方もいらっしゃるかもしれないんですが、そういうレベルではないんですね、皆さん、今は。これからの7年の話、ものすごく大きなシフトがある話。まず、聞く耳があるということはまず第一歩目なんですが、それからの段階はかなり大変ですが、かなり大変ですね。


以下、長いので、省略します。



 Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase