ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SATSUNMONTUEWEDTHUFRI

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 1  自己存在の月(19)19:55:27 (2008年11月5日)
タイトル 進化の日付  KIN260
内容 今日は、KIN 1 赤い磁気の竜

目的  ひとつにする  引きつける
purpose  unify   attract

存在  誕生  育む
being birth nurtures





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■  進化の日付  KIN260から
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨日は、

KIN 260 黄色い宇宙の太陽

存在 持ちこたえる 超える
presence endure transcend

生命 普遍的な火 照らす
life universal-fire enlightens



フラクタルな時間に馴染んだ、感覚には、この新しい260の周期に入ることは、
BC3113年からの、この5125年の歴史の終焉と新しい周期を感じることが出来る、
そのエネルギーの転換を感じ始めることが多くなるでしょう。

次のKIN260 は、2009年7月22日。 21世紀最大の皆既日食が、日本の南の島で
顕現する日です。柳瀬と多くの講師は、屋久島に行きます。
そして、時間をはずした日の祭り、あるいは、ヌースフィアに向けての講演など、
鹿児島で、全国で、すでに考え始めています。

昨日は、マリオン、阪急でのマイロハス展の一環として、少し、お話しをしました。
そのなかで、
マイロハス展で、コズミック・ダイアリー講師、あるいは、セミナー参加者が、31名、
入れ替わり、ボランティアで行っているのは、本を売っているのではない。

自然時間を取り戻すように、新しい時間に旅立ち、自然と、宇宙と会話し、
健康になり、進化することが、可能だということを、説いている。

イエスや仏陀や、昔の仏教の高僧がしたように、
自然時間を取り戻すための辻説法をしているのだ・・・という話をしました。
だから、あの場所で、多くのシンクロが起こり、気づきが生まれている。

そのエネルギーが、今回のKIN260に、そして、今日、あなたが生み出すエネルギーが、
そして、次のKIN260に、そして、KIN1 に、どんな経験をするかが、
今、ここから、新しい進化を生み出していくことになる。





そして、数時間後に、アメリカの政治が少し進化するために、新しい大統領が生まれるでしょう。





マヤン・ファクターから、KIN260 黄色い宇宙の太陽 について、引用します。


2012年まで20年、1カトゥン、になった今でも、
私たちが復活して、太陽の贈りものに気づくことは可能なのです。

なぜなら、ハーモニック・モジュールの260番目のカトゥンは、
13アハウ(訳注:13の月の暦では、黄色い宇宙の太陽)によって支配されているからです。

13は、銀河の波動光線のなかでもっとも強力です。
太陽の支配や意識のしるしとして地位が高められたアハウは、20の記号のなかで頂点にあります。

260番目のカトゥンは霊性が復活する時代であり、惑星の黄金時代の到来を告げるものだと確信しています。

事実、人間性が失われた物質主義の時代にあっても、
私たちは、13アハウのカトゥンの間(1992〜2012年)に、
「新しい太陽の時代」に突入し、変容することの知識をもち、そのタイミングもわかっているからです。

この新しい太陽の時代は、エジプトの太陽の黄金時代を、もっと最近の古典期マヤの時代をはるかに凌ぐものとなるでしょう。
なぜなら、これは惑星の真の黄金時代、意識が銀河連盟に入る、その前兆を示す時代だからです。

万事がうまくいくとすれば、(注:今のところうまく行っていないように思います)

ハーモニック・コンバージェンスが、集合的なDNAを反転させるものだとすれば、
ハーモニック・コンバージェンスが古い精神の家を解体して、
新たな精神の家の建設を明確に伝えているなら、この新しい精神の家はどのような家になるのでしょうか?
テクノロジーを超える道、とは何なのでしょうか? 

私たちのうちで、あるいは私たちを通して、太陽とつながる「アハウの方法」。
では、「アハウの方法」とは、どのようにすればいいのでしょうか? 
まず、最初に、新たな世界の絵を描いてみましょう。人類の過去も含んだ世界の絵を。
ただし、その過去は、太陽とつながっていたという文脈のなかで、再構成しなおして描いてみましょう。

マヤン・ファクターによると、私たちは電磁気の海の底に住んでいます。
私たちが地球の表面と呼んでいるものは、それ自身海底にあたり、
そして、私たちはイカなどの半盲目的な生き物たちと同じように、
小さな範囲に群がっています。
ただ、薄暗くて、自分たちが、広大で多次元の電磁気の海の広大な底を泳ぎ、
多次元を横切って動き回る存在だということにはほとんど気づいていません。

はるか天空の流れの中で泳ぎ、観測している存在から見れば、なんと滑稽に映ることでしょう。
そして、海面のさらに上にいる存在たちからはどうでしょう。彼らは何を見ているのでしょうか。
私たちよりもはるか上の海流を泳ぎまわり、私たちを調査している存在の目には、
私たちはどれほど風変わりに見えることでしょうか? 
そして、海面のさらに上にいる存在について、私たちは何か語れるでしょうか? 
何を、彼らは見ている(に違いがない)のでしょうか?
 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■『新版 マヤン・ファクター
■■----2012年の真実(リアリティ)』
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2012年12月21日、太陽の時代が始まる。
あなたは、本当の「マヤの叡智」を知っていますか?

2012年について、世界で初めて伝え、一大センセーションを巻き起こした
『マヤン・ファクター』が新版になってついに登場!


先日、読み方のレクチャーをしました。
時間は、オーガニック・オーダーを観じていれば、簡単です。

まず、ホゼの序文を段落ごとに、ちゃんと読む。
すると、マヤン・ファクターが何かが、すべて説明されています。
それを理解してください。

そして、第1章は、今、翻訳しているホゼの伝記の凝縮版です。
少し、人生の先輩であるホゼが、どういう体験と、心を持って、
マヤの意識を感じ、パカル・ヴォタンに変容していったのかをたどることによって、
そこに、読者が、これから変容していく、原型、パターンを見出すために
書かれています。ピラミッドの外観を知るのではなく、それを生み出した叡智、
マヤの意識を、体験する。そのためのケース・スタディです。

第8章は、1987年、ハーモニック・コンヴァージェンスの前の時点で、
マヤの意識から、2012年の前の20年、そして、2012年、2012年以降・・・
について語っています。
ナチュラル・マインド・メディテーションをしながら、エゴを解き放ち、
つまり、今までの常識からも解放された状態で、マヤの意識から、
この章を、段落ごとに、何を伝えたいのかを確認してください。




「ホゼの序文より」
■■■■■■■■■■
多くの人が間違って、2012年はマヤ暦の終わりだとか、さらにもっと悪く、
この世の終わりだと信じています。しかし、この最終章ではっきりと述べて
いるように、周期について理解できれば、すべての終わりの後には新しい始
まりが続くのです。確かに、私たちが認識する歴史や世界は終わるかもしれ
ませんが(それはとても素晴らしいことでしょうが!)、それは同時に、
銀河文化と宇宙意識をともなった「新しい太陽の時代」の始まりでもあるので
す。この最終章は、2012年という境界を越えて2013年に入ったあとの、私た
ちの意識の変化と、進化した私たちの状況について、ヴィジョンに満ちた展望
を与えてくれます。しかし、このチャンスをつかむためには、あなたが、
準備しなければならないのです。


「マヤン・ファクター」は、人間の歴史の意味を考える時に、欠落していた
要素(ファクター)です。そして、あらゆる科学知識を総合的に考えるにあた
って、特に欠けていた要素(ファクター)です。それについて再び考えた時に、
「マヤン・ファクター」は銀河の尺度として、存在し、正確な手段として存在
するのです。知性という銀河の共同体との関わりのなかで、私たち自身を位置
づけるための正確な手段として存在するのがわかります。私たちは、今すぐ
ギアをシフトするか、さもなければ機会を失ってしまうかなのです。


「8章より」

――マヤ(少なくとも、文明の全盛期であった830年に突如消えてしまったマヤ)
は、私たちよりも優れていたうえに、その科学は現代の科学をはるかに凌駕して
いた。だから彼らは、金属の道具や車輪などの労力を軽減する器具を使わなくて
も、特に不便はなかったのです(彼らは、動物に重い荷物を運ばせたりはしませ
んでした)。

求められているのは、この手がかりを読み解くための、心の正しいフレームです。
現在の心の枠組みを打ち壊すことで、この手がかりを読み解くことができます。
そして、正しい結論に到達するという、緊急に必要なことが見えてくるでしょう。
そしてその結論は、地球を、絶滅へのコースから変容へのコースへ、方向を変え
進ませることに大きく貢献しすることになるでしょう。

マヤン・ファクターによると、私たちは電磁気の海の底に住んでいます。私たち
が地球の表面と呼んでいるものは、それ自身海底にあたり、そして、私たちはイカ
などの半盲目的な生き物たちと同じように、小さな範囲に群がっています。ただ、
薄暗くて、自分たちが、広大で多次元の電磁気の海の広大な底を泳ぎ、多次元を
横切って動き回る存在だということにはほとんど気づいていません。はるか天空の
流れの中で泳ぎ、観測している存在から見れば、なんと滑稽に映ることでしょう。




ナチュラルマインド・メディテーションをして、
序文に書いたように、マヤの意識になって、ホゼにこの本を書かせた、マヤの銀河意識にインラケチして、
段落ごとに、何が書いてあるか、感じて、観じて、
読めば、時間はオーガニック・オーダーの理解があれば、自動的に入ってきます。



コズミック・ダイアリー・セミナーを受けたのが、
自然時間を知る、イニシエーションであったとするなら、

この本を通して、マヤの意識に、つまり、宇宙意識からものを観じ、考え、語ることができる
新しいイニシエーションが、生み出されることを知って、そのために訳しました。

「マヤン・ファクターの読み方」のレクチャーは、意味があったのだと思います。
ホテルの引き出しには、削った鉛筆とポストイットが用意してあって、
(柳瀬にとっては、ホテルで、本に書き込むために、とがった鉛筆が2本用意してあったのは
 初めてのことでした。)

ボランティア的な講師研修を柳瀬が主催するのは、もう、やめる・・・・と書いた後だったのですが・・

ホテルの部屋が、スウィートルームになっていました。
そうカリカリせずに、意味のあることをするのだから、しっかりと集中するように・・・
というメッセージとして、受け取らざる得ない感覚になりました。

(ホテルの案内を調べると、2泊で、17万円の部屋でした。
 もちろん、支払ったのは、予約した1万少しの金額です。

 1999年に、時間をはずした日の祭り のために、アメリカ、コスタリカに行く飛行機が
 3回連続、ファーストクラスに変更されたときに感じたのと、少し、近い感覚でした。)


MLに書き込まれた、感想をシェアしたいと思います。

■■■
みなさま、イン・ラケチ☆

鹿児島より、第5回講師赤い磁気の月です。

「マヤン・ファクターの読み方」参加して本当に良かったです!
早速、セミナーでも取り入れたいと思いましたし、勉強会も開きたいと思います。

あと、仲間が柳瀬さんの「マヤの叡智と日本人の魂の融合」を教材とした勉強会を開いていて、
前回でやっと最終章を終えたのですが、次回はマヤン・ファクターを取り上げると言っていたので、
私も参加して昨日学んだことをシェアしたいと思います。



柳瀬さん!二日間の講師研修ありがとうございました!

「マヤン・ファクターの読み方」を教えて頂いて、今まで「難しい」と思っていたこ
とが嘘のように“観じられる”ようになりました。
頭で理解しようとするのではなく、ただマヤにチャネルを合わす…そして段落ごとに
分けてあるのでそこから更に要点をつかんでいく…
「なるほど〜!」でした!

ありがとうございました!


第14回講師 赤い倍音の竜




みなさま、インラケチ〜o(^∇^o)(o^∇^)o
KIN221赤い宇宙の竜 

マヤン・ファクターの読み方、本当に良く分かるようになりました。
意識を合わせることで、こんなに違うなんて、ビックリです。
マヤン・ファクターの勉強会も、必要だと感じました。
これから、考えていきたいです。



みなさま、インラケチ!
KIN192 黄色い惑星の人 です。

もう3次元的なタイムリミットは迫っている・・・
螺旋をキーワードに広がる宇宙の真実の姿を、なんとかわかりやすく伝えねばぁぁ。

そう思いながら乗った山手線で、
ぱっと開いたマヤン・ファクターのページに載っていたホゼの言葉が自分の心境にぴったりとシンクロしました。
「この直感に力づけられて、自分の使命の重さをひしひしと感じながら、
私は再びメキシコから帰国しました」

たぶん、柳瀬さんを筆頭に、講師の方々の多くが同じ感覚だと思います。

自分に出来ることは、ささやかなことかもしれない。
行動に移すには、勇気が必要かもしれない。
でも、その一歩を重ねることでしか、
ヌースフィアへの道は切り拓けないのだから・・・。
そう言い聞かせつつ(苦笑)、面倒くさがり屋の私も
来年の皆既日食、時間をはずした日、そして2012年へ向けて、
心からの感謝とともに、改めて、講師の皆さんと共振していきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!




みなさま

インラケチ♪
KIN98 白い共振の鏡 です。

マヤンファクターも読み始めはおもしろいと思っていたのに
だんだん、ありりり?となって困っていたところ今回読み方を教えていただき
読み直してみたらなんとわかるような気がするではありませんか〜
銀河にチャネルを合わすってこういうことかも・・・

柳瀬さん みなさん 本当にありがとうございます。



柳瀬さん

帰りの飛行機の中、何度もマヤンファクターを読み返しました。
不思議ですが、飛行時間50分の間に、何度も読み返すことができるんです。
それも、読み返すたびに、段落ごとに、新しい「何か」を思いつくのです。
そして、その思いつく「何か」は、ふつーに日常に行えることだったり、ふつーの
「言葉」だったりするのです。

 KIN 191 青い太陽の猿




KIN62 白い惑星の風です。

マヤンファクターを読みながら、
行間や、段落と段落の間で、
意識が、らせんを一段づつのぼっていくような感覚に
終始襲われながら、

あまりに高みに行ってしまいそうで、時々離れて
ナチュラルマインドメディテーションのように半眼で意識を戻しつつ
私のフレームが壊れそうになったなら、
またここに戻ってくればいい マヤンファクターが調律してくれる

そんなふうに、まさに自己存在の月のテーマ
宇宙意識のフレームをくっきりと顕すための、読み方を
教えていただいたと思っています。

本当にありがとうございました。



「マヤン・ファクターの読み方」、レクチャーしてよかったと思います。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase