ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SATSUNMONTUEWEDTHUFRI

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 99  銀河の月(5)07:36:32 (2009年2月11日)
タイトル 高次元での 建国 を 考えてみよう
内容 歴史的ないきさつなどで、一応、知っておいた方がいいことは、
yahooなどで検索して、7件ぐらい読んで、観て、感じておいてください。



でも、大事なことは、
まず、三次元でなく、高次元で、今、
どんな国を建てるか・・・・・という問いかけです。


そのおおもとを観じてから、

今の資本主義が崩壊するとしたら、
右肩上がりが幸福、という錯覚に気がついたとして、
どんな幸せを、新たに、多くの人と共有できるか?


29か、30で亡くなった吉田松陰が、たった2年、山口県の
下級武士を中心に、教えただけで、
何人の日本をつくっていく人物を生み出したか?

どうしてなのか?


「学徒は、人たる由縁を学ぶべし」

松陰の言った正確な意味、文脈を、柳瀬は知りませんが、
「人たる由縁」を、宇宙的に考えれば、コズミック・ダイアリーの伝えたいことが、
この言葉に、重なります。

オーガニック・オーダーのなかで、宇宙意識から生まれ、宇宙のリズムによってはぐ
くまれている、「人たる由縁」を学ぶべし。
それが、本当の教育の目的です。


「志を立てて、万物の源となせ」

惑星のキーワードは、表明です。
そして、表明 イコール 顕われ。
つまり、思いを表明すれば、思いを立てれば、実現する。
という、コズミック・ダイアリーで伝えている、宇宙の法則。

はじめに、言葉ありき。聖書の言葉。

松陰がどういう文脈で、使ったかは、柳瀬は知らない。
ただ、2009年2月11日、
建国、という言葉から、今、日本人が感じ、語り合うべきことが
何か?


オーガニック・オーダーのなかで、宇宙意識から生まれ、宇宙のリズムによってはぐ
くまれている、「人たる由縁」を知るべし。

そして、

まず、高次元において
志を立て、表明し、国のもとを、源をつくれ・・・・・・


宇宙の摂理を取り戻し、自然時間を取り戻し、
環境、地球を破壊するのではなく、くにを生み出していく方向で、
大地を、地球を、新しい、くにづくりを。

まず、魂のレベルでつくることを。

真剣に、語り合うべき時だと思います。
皆さんが、語り合ったことを、あるいは、思ったことを
明日から、伝え始めてください。

今日、柳瀬のところにも、7人の仲間がやってきます。
それは、この日を柳瀬が選んだのではなく、
全国から集まってくるのに、宇宙のはからいで、この日に集うことになりました。
シンクロなのか、天のいたずらなのか・・・
いつものように。

          Universal love and in lak'ech!

KIN 99 青い銀河の嵐

 完全性   調和させる   かたどる
Integrity   harmonize   model

エネルギー   自己発生   触発する
 energy  self-generation  catalyzes


KIN 99Blue Galactic Storm

I harmonize in order to catalyze
Modeling energy
I seal the matrix of self-generation
With the galactic tone of integrity
I am guided by the power of abundance

KIN 99青い銀河の嵐

私は 触発するために 調和させる
エネルギーを かたどりながら
完全性という 銀河の音とともに
私は 自己発生のマトリックスを 確信する
私は 豊かさの力に 導かれる

青い電気の嵐の年  銀河の月の5日です。 




 柳瀬 宏秀

【KIN12 黄色い水晶の人】 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵

□第75回 東京46回 コズミック・ダイアリー・セミナー   3月15日(日)

   セミナー後は、世界の見え方、感じ方が変わります。また、
   シンクロニシティが、信じられないくらい頻繁に起こるようになります。
http://www.async.ne.jp/cosmic/j/cosmicdiary_seminar_top.html
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
PURPLE-AMI
KIN 99  青い銀河の嵐 銀河の月(5)11:57:02 (2009年2月11日)
柳瀬さんへ

AMIと申します。
私の疑問に、わかりやすく丁寧にお答えくださり、
とても感謝しております。
「ダブル」の意味が良くわかりました。
教えてくださった方は、セミナーを受けている方なので、
占いとは関係ないと思います。

このダイアリーをはじめて、まだ2ヶ月ですが、
起こるシンクロには、本当に驚嘆しております。

先日は、ある懇親会で、このダイアリーの話をしたら、
なんと、隣に座っていた方が、公認講師の方で、
ほしかった本をその場で買うことができました。

まだまだ、勉強不足で、わからないことが多いのですが、
マイペースで楽しみたいと思っております。
本当に、ありがとうございました。
ushi
KIN 99  青い銀河の嵐 銀河の月(5)18:22:52 (2009年2月11日)
ushiです。
>志を立てて
>はじめに、言葉ありき
この二つは、わたしの弱点です。

>志を立てて
陽明学=禅を否定したところから始まった?によれば、
はじめに「志」です。
私はwhatでなくhowを重視(=偏りすぎ?)なので、今までの人生でも超えれたことはありません。

>はじめに、言葉ありき
これも、一人さん等の「ツイテル」等の良い言葉を使おうぐらいしかわかりません。このたびの柳瀬様の日記から、
「はじめに言葉ありき」と「志(目的)=実現する結果へのコミットありき」が、重なって受け止めれました。
(きっと勘違いでしょうが)

それは、たしかにそうですが、現状(47年間の我が身に染みついた嗜癖)は、一朝一夕に変容する自信はありません。
自信はありませんし、私もwhatなしに生きれる世の中実現を目指す者です。しかし、今までのように「あきらめる人生」から、「何があろうと成し遂げる」自分に変身できるチャンスかな?とも思ったりもします。

なにせ、こんな、「うすのろ」ではありますが、今後とも、長ーーーーい目で、ご指導くだされば幸いです。
失敗/過ちを糧として成長する場を与えてくださり、ありがとうございます。

合掌。
朝陽音
KIN 99  青い銀河の嵐 銀河の月(5)22:01:01 (2009年2月11日)
なぜ、今日2月11日が建国記念日なのか、
どのような想いで、日本という国が創られたのか、
祝日を祝うことに加えて、
その意味を考えるきっかけになりました。

同時に、日本に生まれたことへの、
感謝の想いをさらに持つことができました。

ありがとうございます。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase