ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 3  の月(1)16:03:49 (2009年7月25日)
タイトル 宇宙の月 28日 KIN2 黄色い宇宙の太陽
内容 宇宙の月 28日 
KIN2 黄色い宇宙の太陽
7月22日


朝、まんてん前の、屋久杉の店で、屋久杉を彫って箸をつくる。
皆既日食時の雲の動きが浮き出てきたので、箸に込める。
名は「雲竜」。
千年以上の屋久杉。その土に埋もれていたものを乾燥させた千年杉の香りを楽しむ。


屋久杉から、宇宙を感じる、岳南さんと、神修行をしてきた自適さんを会わせる。

おそらく、お互いうわさになるほど頑固人と変人であるから、自らの意志で会おうとしない。だから、柳瀬が会わせることにした。

それぞれが、何を話そうか、どんな奴かと、少し、意識するところから何かが始まる。
お互いの深い根から、屋久島の魂を感じる間をつくること。

二人の共通の認識から、
「屋久杉はご神木、という迷信を解き」、屋久杉を切るように、島民を促し、年貢とするという政治を行なった儒学者の泊如竹。その功績とは別に    
その「屋久杉はご神木、という迷信を解き」ということばが、看板、そして、バスガイドの説明の中で、独り歩きしていることが問題。

なぜなら、当時の人がもっていた屋久杉に対する畏敬の念や、自然を敬う心こそ、今、重要なのだ。

屋久杉、屋久島というのは、日本人が、ご神木に対する感覚を取り戻すという方向の中で、今、最大の価値がある。その屋久島から、「屋久杉はご神木、という迷信」ということばが、独り歩きするような看板について、考える。

そして、それぞれが、屋久島をどうしたいか?
さらに、日本を。地球を。 ということを、語る。
あるいは、語ることに意識を向ける。
そういう場を生み出すことが、
必要だと感じたからだ。


ただ、このセッティングの意味を知らず、知ろうともしない、
屋久島の環境問題に貢献してきたという一人の老人によって、

後半のテーマに、話を向けられなかったのが、少し残念だ。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase