ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 49  スペクトルの月(26)16:54:04 (2010年5月27日)
タイトル 祭りの魂  喜納昌吉さんとの対談 1999年から
内容 時間をはずした日の祭り
http://bit.ly/d3iGOM

祭りの情報をお送りください。
http://bit.ly/cJv89c


祭りの魂

 

柳瀬<  日本人って、お正月、初詣の時って1つの神社に何十万人も行くじゃないですか。すごいことだと思うんですよね。でも、ちょっと上から見たら、みんな自分のお願いごとばっかりしてるじゃないですか。(笑い)商売繁盛、家内安全、それはちょっと、「上から見たらこっけいかも知れないな」というぐらいは感じるでしょ。でも、今さっきいった地球環境ということを考えざるを得ない時代、子どもが、アトピーになっているっていうことからでも、農業の問題とか世界の食糧問題とかを感じはじめて、それが「地球を意識する」ということだと思うんです。が、そうせざるを得ない状況、つまり自分の幸せのために地球のことを考えざるを得ないというのが、地球環境の問題が世界の人々を一つにする可能性があるということなんですけれど、そういう時に、ひょっとしたら自分だけの願いごとが、地球のための祈りに変わる可能性があるわけですよね。

 7月25日っていうのは、大阪では“天神祭”っていうのがあるんですね。で、たまたま実家で、きょう実家にあった本なんですよ。で、これも縁かなと思って読んでたら、天神祭ってのはやっぱりすごい祭りですね。日本三大祭のひとつで 130万人が集まり、しかもほとんど他県からあまり来ないらしいんですよ。ほかの祭りというのは他県から観光にくるのに、そうじゃない祭りらしいんですよね。で、夜はもちろん全部お神楽、お神楽っていうのは「神が楽しむ」という、そういうことを基本になされているものですよね。だから、天神祭の人たちにもアプローチしようとは思ってました。別に天神祭りを時間をはずした日にしろなんて、そんなことではない。そうじゃなくて、そういうエネルギーが生まれてる日、だから天神祭の人にも「その日、世界中でこういうふうになってるよ」時間をはずした日というのも意識する人が一人でもいれば、天神祭り自体がエネルギーが大きくなる。

 要は人間の意識が高まる、村全体あるいは国全体、世界全体が高まる、そういうことを試みたい。
 

喜納<  今回の祭をやるにあたっては、本当に「時間をはずせる魂」を集めることが出来るかがカギですよ。7月25日にいろんな土地で祭りをやるとするでしょ。でもそれは、時間の枠内でやってるだけかも知れない。本当に今の「文明の時間」というものの枠のオリを、外せるスピリットを持ってる人たちがいるかいないかというのは、非常に重要なテーマです。この祭りを地球規模、人類規模、どこまでもって行くことができるか。3年間というのは、ひとつの雛形を作る発酵期間だと思いますよ。

 いつも私は考えるんですけど、人類というのはガン細胞と同じなんです。ガン細胞は、健康的な体を蝕んで食べて食べて、体が死ぬと一緒に死んでいく。これは今の人類の姿と同じですね。健康であったはずの地球を食いつぶして汚染して、ここまで来てしまった。ガン細胞は、コバルト(放射能)放射で治しますよね。自らの文明の歪みを人類は原爆という放射能で治そうとしてるのかなー、とも思うんです(笑)。だけど、ちょっと待てよ、自然治癒もあるでしょうと私はいいたい。

 人間の生命量が、地球の生命を逸脱してしまった。人間が完全にその他の地球の生命を逸脱して、共食いの時期にきているんです。共食いというのは人間を食べるという意味ではなく、弱いものの犠牲を生み出さなければ、生きていけない状態まで、地球も人類もきてしまっているという意味です。それは弱肉強食や自然淘汰というレベルの問題ではないほどに、人類が暴走しています。ガン細胞を見ればわかるように、「共生」というところから切れた壊れた細胞は、生命を食って生きるしかない。

 その暴走を越えるためには、人類のおぞましい無意識から飛び出した人間だけが参加する祭りにするのか、それともより多くの人たちに気づきを与えて一緒につれていく祭りにするのかというテーマを話さなければいけないと思います。

 自分たちだけが助かるというレベルでは、新興宗教やオカルトがやっています。そこに留まっていては、意味がない。出来ることなら人類すべてが光を見ることが出来る祭りが起こった方がいい。その想いが大切なんです。それくらいの規模の覚醒でないと、もう間に合わないところまで来ているように思います。
 

柳瀬<  いや、まったく、そのための祭りであること。だから、コミュニケーションということ自体が問われているのだと思います。

 環境のことをやっていると、よく地球物理学者と話をしていると、人類が絶滅することなんてたいしたことじゃないんですよね、地球の歴史から考えると。昔のいわゆる恐竜たちが絶滅した、あれは惑星衝突が原因だと一応考えられていますけど、それによってあんなに変わるわけですよね。だから、「人類が絶滅したって、地球にとってはたいしたことじゃないのかもしれない」というふうに、客観的にほんとに歴史をみると、そうかもしれない。でも、やっぱりこの地上に生きていて、人間として生きていてやっぱり感じるのは、周りの人が亡くなったら「悲しい」という思いを持つし、それを感じる中で生きている人たち、当然、人類だけじゃなくてほかの生命も含めてですけども、いい形でともに生きる形っていうのは考えたいと思うわけで。それは家族、子どもを持ったらやっぱり子どもがちゃんと成長してほしいと思うのと同じように、実際生きてる中で、学者から言うとですよ、「人類が増えすぎている」とかそんなこともあるかもしれないし、そういうことも、「天変地異の理由もそういうことだ」みたいな、あるいは「戦争を起こすのもそういうことだ」みたいなことを考えている学者もいるかもしれないですよ。

 でもやっぱり、コミュニケーションをなりわいとしている人間として、それは、いいコミュニケーションが成立することが可能ならば、そういうことは避けれるんじゃないか。それは本当にわずかな可能性であっても、避けれる可能性があるんだったらそれに向けてやっていきたい。で、「それは、理屈でそういうことを言うだけじゃだめだ」ということを、最近強く感じるんですね。

 環境をテーマにした万博というのが2005年にあるけれども、森をつぶしてやろうとしているわけなんですよね。やっぱりそれは、木を感じてない人間の発想だと思うんです。木を感じていない人間、口で「環境」っていろんな企業が言ってますけれども、でも平気で森をお金のためにつぶしてしまう。だからそれはすべての人のリズムがそういうふうになっているから、その人が悪いんじゃなくて、さっきからお話ししているように、なんか生命のリズムを感じないように、感じないようにしてきたものがあると思うんですね。


(質問)仕組まれている....。


 うん、だからそれは善意か悪意か分からないんですけど、カレンダー1つとってもそうだし。だから自然のリズムをダイナミックに取り戻す、実は祭りがそうだったかもしれないという中で、祭りをもう一回活性化したいなと。
 

喜納<  生命は誰だって欲しいんです。人類はいつだって永遠の生命を求めてきました。宗教も永遠の生命を教えてきました。森を伐った時、人は生き生きとしているんです。それは木を切ったあとに木の生命が吹き出してくるからです。一瞬にして木の生命をもらうことが出来るんです。人を殺すときもそうです。戦争は、自分が生きる生命力を高めるために簡単な方法なんです。

 簡単に生命をあやめるのは自己生産できない人間たちです。自己生産できる人々は、他の生命を殺さない。今の文明のリーダー達は、自己生産をしません。経済も政治も文化もすべて自己生産をしない方向に文明を持っていってしまいました。環境破壊もその結果として現れていますよね。私たちは壊してしまった自然を守るのではなく、もう一歩進んで自然の生命を再生していく方向に向かわなければ、もう間に合わないところまできているんです。今の最先端の科学は、全力を挙げて自然の再生に取り組むべきですよ。

 祭りを興すのでも、命を懸けた祭りを起こさなければならない。なにに命を懸けるかというと、神さまにかけるんです。神、自然、宇宙、存在、なんと呼んでもいい。植物連鎖の中でも人間は頂点を極めています。じゃー人間は誰が食べるんですか?神さまが食べるはずです。人間は食べられる物体を持っていないから、心を食べさせるんですよ。精神的な活動を高い次元に持っていって宇宙にばらまいて、神さまに食べてもらいましょう。

 人間が他のすべての生命を食べているのに、人間は誰からも食べられなかったら、循環が起こらないんですよ。もう一度、祭りによって人間の精神を大自然に返すということをしなければならない。
 

柳瀬<  「思いを持ったら実現する」っていうじゃないですか。この「思い」というのは精神的なものですよね。で、それが形になって実現していくということは重要なことだと思うんですけれども、人間の行いとして。で、さっきちょっと断片的に言いましたけど、祭りというのはそういう、精神的なものと現象界を、本当に循環させているんだと思うんです。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase