ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 59  水晶の月(8)14:43:34 (2010年6月6日)
タイトル 報告 「平和をきづく、 Time is art の集い」
内容

「知恵」と「知識」とは
まったく別の知性のはたらきだということを知ると、
叡智を身につけて欲しいと願うようになる。

中国の荀子
「君子の学問は耳から入って心に定着し、
それから、カラダ全体にゆきわたるものである」

「小人の学問は耳から入って口から出てしまい、
耳と口のあいだ僅か数センチばかりの間を通過するだけで、
カラダをかざることはできない」

生きた叡智と、単なる知識との差。

平和についての単なる知識は、意味がない。
平和という、生きた叡智をご一緒に育みたいと思う。

・・・・・
・・・・・

知識としての表面的な議論は必要ない。

直観を働かせ、叡智が浮き上がってくるように組み立てる。

ぜひ、あなた自身との「対話」を。
時間軸を超えた、あなたとの「対話」を。
そして、おそらく、あなたのなかの宇宙意識との「対話」を
繰り広げられることを祈ります。
                    柳瀬 宏秀
これは、『9・11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために』
5月31日に、皆さんに読んでいただきたくて、お配りした本の序文です。



さて、普天間の基地の移転について、11月以降、
新聞、テレビのマスコミの報道は、アメリカが怒る。
日米合意をやぶる行為。という報道を続けていた。

14年かけた日米合意の辺野古への移転案が、どう優れているのか? 皆さんは言えるでしょうか?

それがまったく報道、議論されていない。
つまり、問題の本質を日本人が、つかめない・・・・
何が問題なのかが、報道されていない。
つまり、解決への方向性すら議論できない、無知な状態に
日本人はずっと身を置いてきたのではないでしょうか?

まず、日本にアメリカ軍の基地がある。その理由は?
アメリカの目的は?
アメリカ軍が守ってくれるという日本人の立場でなく、
アメリカの立場に立って、正確に理解したことがあるだろうか?
もしアメリカの世界戦略の中の重要な位置を日本の基地が持つとしたら、その意味について知らずに、議論していないだろうか?

そのなかで、アメリカが怒る?
これについても、その怒る理由がまったく不明解なまま、
どうして怒るのか? という
問題の根本をまったく、つかんでいない報道。
そうだとしたら、本当の意味で怒っていないのに、
そういう伝聞で意見を言っている姿は、滑稽ではないだろうか?



これは、普天間のこと、
軍事のことについて、知識がある、なしにかかわらず、
問題の本質から人々が外れてしまっていることに
気づくことができるはずだ。

Ex.
環境意識とは何か?
本当のカレンダーとは?

人は、出会ったこと、意識を向けたこと。
その本質にどこまで戻って、その本質を見る、感じる、
そうすることによって「叡智」を身につけることができる。

基地がある。米兵が事件を起こした。
事故がいつ起きてもおかしくない普天間基地。

では、その基地がある真の理由は? どうして基地があるのか?
多次元的に、それを自分の意識が捉える。
問題の本質に向かうという精神のスタンスが、叡智をもたらす。



2月18日。KIN211 青い電気の猿の日に、マスコミ青山会という会で小川和久さんの話をはじめて聞いた。
すぐに、質問したのは、三点。

1.鳩山さんを、小川さんが支えて、5月の決着をベストに近くしていただくことは
できないのか?

2.マスコミの議論は、日米同意の内容が、どう優れているから同意されたのか?
という理由が、一切、語られない形で進んでいる滑稽さ。それはどうしてか?

3.海部さんの時に、湾岸戦争に協力が遅れたために、日本はアメリカから大変な仕返しを受けたということが、自民党の有力者の間で公然と語られ、そう信じている。
そう考えるとその後の戦争への協力の迅速さもうなづけ、今回のトヨタの件も、そういう見えないアメリカのしっぺ返しという、憶測が、真実なのか?

ということを小川さんの立場から、どう見えますか?


3番目は、たまたま、海部さんの秘書が、柳瀬とコズミック・ダイアリーのファンで、パーティーに呼ばれたことがあったのですが、
国会で協力を決めた日には戦争は終わっていた。
そのせいでアメリカからとんでもないしっぺ返しを受け、海部さんに同情する自民党の多くの重鎮たちの発言を、目の前で聞いていたから、また、
小泉さんのあまりに素早い海外派兵の決断についてのことですが、




メインは、最初の質問です。


核廃絶にむけてのオバマ大統領、鳩山首相(首相になる前に、『9.11・・・』は書きました)のスタンスを支持している者として、議論になっていない報道と、それが生み出す人々の人気で、
鳩山政権がつぶれる危険性を感じたからです。

4月24日には、同じ主旨で、小川さんにメールを出します。

小川様
毎日、ニュースを見ながら、小川さんの話を思い出しています。
なんとか、ならないものでしょうか?

あの時、質問したように、小川さんの力で、
宇宙人を助けてあげることはできないでしょうか?

返事は、

有難うございます。宇宙人は頭脳明晰で理解力があるのですが、
その周辺に「宇宙塵」が浮遊していて、宇宙人の活動を阻んでいます。
これを突破できないと、宇宙人はおしまいですね。


4月28日に、改めてメールしました。講演の依頼です。

小川 様

5月31日。
あるいは、もちろん、他の日でも、

「日本は平和に向けて、誓った国だから、その方針で日米合意をリードすれ
ば いい」という観点から、
今後の日本の平和に関して、お話いただけないでしょうか?

前回、
>> ただ、軍事に詳しいだけでなく、憲法で、国民の名誉にかけて、「誓う」という
>> ことばを、敏感に捉えられている小川さんと、一度、真剣にお話できればと思って
> います。
と書きました。

柳瀬の知り合いは、
>> 心の平和と、われわれがいう現実の平和の乖離をうめ、
   現実に、平和を生み出すのに
>>  心の中の雑念のクリアゼーションという観点から、
 平和を考えていくような、仲間です。まったく、政治には素人です。
(ただ、柳瀬の知人には、民主党が多いですが、政治家がかなりいます。)

>> 現実の平和の問題を軍事の観点からの第一人者の方
の話を聞き、柳瀬も、多くの人も、
心の平和と現実の平和の掛け渡しが、可能かどうかを模索したいと、
あるいは、模索すべきだと思っています。

「日本は平和に向けて、誓った国」そこからの平和構想 について、
「講演と対談」 を お願いできればと思っています。

唐突な申し出ですが、スケジュールの調整が可能であれば、
ご検討ください。
あるいは、もっと、少人数の勉強会でも、
あるいは、二人で、食事していただける形でも、歓迎です。

ともかく、日本の平和について、
柳瀬にない見識からのご意見、叡智からのビジョンと。
「誓う」というのは、三次元での約束を超えた、精神的なことですから、
意識が入る、という新しい科学の分野でもあるとも考えています。*
「誓う」という言葉が、憲法にあるという観点から、
憲法や、平和の議論は、他の人から聞いたことがありません。
小川さんが、最初の人です。
柳瀬は、そこに大きな意味があると思っています。



5月中の「最低でも県外」
「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜」
と言った鳩山首相が、

5月末日の講演会の二日後に、辞意を表明した。



講演会での、小川さんの話を整理すると、

一番重要なのは、
日本がアメリカの戦略的根拠地(power-projection platform)だ。
つまり、アメリカは、アメリカ軍は、日本の基地と国全体を前提に、世界全体を視野におさめた外交、安全保障戦略を考えている。
という事実です。

有事には、「数十万の陸軍を海を越えて上陸させ、敵国の主要部分を占領し、戦争目的を達成できるような構造を備えた陸海空軍の戦力」。そのいざという時に、地球の半分、西太平洋からアフリカの喜望峰まで(これが日本の基地の役割)、第7艦隊と沖縄の海兵隊、空母機動部隊を中心に日本から出撃させます。(朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争もそうだった)

撤収したフィリピンや、在韓米軍基地、NATO各国の基地と、
日本の本土と沖縄の基地がもつ意味が違うということ。

また、地球の半分の範囲で行動する米軍を支えるのは、
アメリカと同等の国力を持ち、とりわけ、工業力、技術力、資金力の三拍子が備わっている必要があります。
多くの日本国民が錯覚してきたのとは逆に、日米同盟がなくなれば、アメリカが失うものは世界のリーダーの座なのです。

だから、アメリカは「戦略的な根拠地」としての日本を手放すことに同意できない立場であり、逆に言えば、
「戦略的な根拠地」を維持することが可能でありさえすれば、
許容できる基地の返還や移設には応じる可能性があります。



いや、それが、可能だということです。

まず、多くの人にとって、
アメリカにとっての日本に基地がある意味が、
小川さんの話で、やっと見えてきたと思います。
そして、外務省も、日本の首相も、
特にマスコミ、そして、多くの日本人も、
軍事的な現実としての基地のある意味を知らなかったのでは?
あるいは、今も、多くの政治家、ジャーナリストが、
知らないままなのではないでしょうか?

知らないで、報道する。知らないで、交渉している。
多くの人も、知らないで、意見を言って、判断している。
そうだとしたら、日本全体が「無明」の状態のままだということになる。

まず、基地がある。その理由を知って、その上で、
その基地をどうするか、というあたりまえの状態に精神を戻したい。
それが、講演会に参加した方から始まる、
「普天間から考える平和の姿」への第一歩だと思います。




そして、小川さんの普天間の解決策には、可能性があった、
と思います。

今、ここから、講演会で知ったことから、
知識ではなく、叡智を働かせる人が多く出現することによって、
変わる可能性があると思います。

それは、変化を超えた進化を想定しています。




小川さんの案は、
まず、普天間の危険を、普天間飛行場の返還合意の1996年4月から、14年間、その危険を除去できなかった自民党に対して、
鳩山さんが、すぐに除去できるという、
仮の移駐先をつくるという案です。

戦場であれば、簡易舗装した駐機場は1週間ででき、
格納庫、整備場、弾薬庫、燃料貯蔵施設なども、一ヶ月でできる。
普天間にいる第1海兵航空団は有事即応の野戦部隊。米軍に聞くと「1日か2日で可能」「簡単に移動できなければ戦えない」という。

ところが、防衛官僚、外務官僚が、
軍事専門家ではないケビン・メア前駐沖縄総領事に
「仮の移駐など無理」と言われて沈黙したとか・・・

もし、小川さんの言うように、キャンプ・ハンセン、キャンプ・シュワブに、移駐することができて普天間の危険性を、すぐに除去したなら、まず、沖縄の人が「聞く耳」を持ち始めると思います。



同時に、不公平な日米地位協定の改定。
これも、小川さんの話だと、アミテージ元国務副長官は、「日本から一切、日米地位協定を改定してくれという問題提起はなかった」と語った。つまり、交渉すれば、改定できると・・・・・
この二点を進めたなら、世論を逆転させることが出来ると柳瀬は、
2月に直観的に思いました。


小川さんの普天間の解決策には、可能性があった、と思います。
もし、鳩山さんが、小川さんを補佐官に(すると言ったのにできなかったが、もし)することができていたら・・・。
あるいは、小川さんが、鳩山さんをリードできていたら・・・。
どうして、そうならなかったのか、について対談で聞きました。

それは、平和を本気で築くために、平和の姿に気づくために、
非常に重要だからです。
鳩山さん、小川さん、そして、日本人全員の問題だからです。



と同時に、沖縄県民に、あるいは国民全体に
日米同盟を選ぶか、
破棄した場合の防衛費年間30兆円の負担と、自衛隊が5倍の120万人。
もし、抑止力のために核装備するなら、それが生む国際的孤立。
など、明確に検討する材料を提供し、
あるいは、沖縄は、日本からの独立も含めて、
アメリカの一部になるなどの選択肢の中から
意見をまとめる。

日本の沖縄県を選ぶなら、そのベストな状況を考える。
日本人として、今、日米同盟が、ベターな選択であることを納得できるかどうか・・・
小川さんは、日米同盟がベターな選択と主張しています。
沖縄の人がそれを納得する。

そういうことがあって、
普天間飛行場の10倍あるキャンプ・ハンセンに、普天間規模の飛行場の建設。


そして、
沖縄の地位の向上を本気で考える。
日本に、ハブ空港、ハブ港湾が必要。
それを羽田とか、横浜、神戸ではなく、沖縄に。
あるいは、税金の免除。など・・・


そして、

今後の平和に向けて、
「平和を誓った日本が、日米同盟をリードしていけばいい」

信頼関係の醸成から、
最後に同盟関係の選択 という
平和国家モデルの話も、対談のなかで出ました。




柳瀬の講演の主旨は、




恒久の平和  を誓う。
人間相互の関係を支配する崇高な理想を達成すること を誓う。
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しよう と誓う。

誓ったことがありますか?


誓うということ、誓った人、誓う心になった人に思いを馳せること。
誓った人の「心」を感じることができますか?

神の国だから、勝つという「うそ」の常識の支配。
欲しがりません、勝つまでは・・・

一市民の視点として、母のFAXの内容。
昭和18年には、英語の授業は鬼畜米英のことばと廃止、
英語の教師は貝原益軒の「女子鑑」とか、修身の先生になり、
服装は、男子はゲートル、女子は決戦服にもんぺ姿。
学校では、竹槍や竹箒で、焼夷弾落下のときに払い落とす練習、
食料は配給制になり、さつまいものつるとか、大豆のしぼりかすのときは、空腹にいかんともしがたし・・・・

あるいは、特攻隊として少年を送り出す大人の立場・・・・など、

さまざまな観点から、戦争はもういい、
平和を誓う「心」にインラケチすることをお願いしました。




つまり、憲法前文は知っていても、誓ったことがない多くの人に、
こころの領域のリアリティを感じてもらいたいと思いました。

その上で、憲法をつくる立場の人間になったつもりで、
そのことばをつむぐ立場に立って、
「人間相互の関係を支配する崇高な理想」とは何なのか?
崇高な理想とは?
崇高とは?

平等とは?
自由とは?
愛とは?

平等は、
単に経済的な平等ではない・・・・
たとえば、


宇宙的な視野から、「平等」とは? 考えたことがありますか?

宇宙の「律動」から、すべての生命が生まれたこと。
そして、その生命の「律動」が、「リズム」が、今も、継続していること。
そして、これからも継続しつづけることを感じた時。

人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
すべての生命が、同じ宇宙の「律動」から生まれ、
今も、その宇宙のリズムに合わせて生き、生活していることを感じた時に、
宇宙的な「平等」という意味を実感するでしょう。

そして、「構造」というものの、そのシンプルな仕組みに気づく。  
(コズミック・ダイアリーより)


平等とは? 自由とは? 愛とは?
「人間相互の関係を支配する崇高な理想」 として、

もう一度、見直してみる。
その行為が、ことばだけの平和や愛でなく、
崇高な理想を誓う、叡智をもたらす。



「平和を愛する諸国民の公正と信義」とは?

平和を愛する・・・・

    つまり、 こころ の 領域 
そのリアリティを、もう一度、考える。



FEEL THE FUJI   富士山を感じる心を取り戻す
富士山のクリーンキャンペーンは一杯あるけれども、
どうして、ごみを拾わなければならないのか?
それは、ごみを捨てるから。
どうして、富士山にごみを捨てることができるのか?
どうして、産業廃棄物を捨てに来ることができるのか?

永遠に、クリーンキャンペーンをして、
捨てられたごみを拾い続けなければならないのか? 
これこそが、富士山を感じるという、
まわりを感じるという環境意識の欠如なのではないでしょうか?

富士山を霊峰富士と感じる、
富士山を感じる心を取り戻せば、ごみは捨てることができなくなるはず。

富士山をきれいにするために、
富士山を感じる心を取り戻すことを目的としたコミュニケーション活動を行なう。 

「FEEL THE FUJI」  
富士山を感じる心を取り戻すコミュニケーションを通して、
自然を感じるという環境意識の向上を目指し、
日本人の集合意識として「不二」「霊峰富士」という言葉に顕れていた
富士山への愛情を取り戻し、富士山と人との共生と、
スピリチュアリティの復活を目指す。
            「マヤの叡智と日本人の魂の融合」より
    

具体的な政策としてのクリーン化と、
同時に、富士山を感じ、敬うこころがあって、
初めて、富士はきれいになる。

それと同じように、平和を望む心、求める心なしには、
「こころ の 領域」に、平和を望む精神がなければ、
つまり、平和の真の姿、そして、平和を築くことは出来ない。



平和は、心の中の問題であるということ。
いくら安全のため、護身のためといっても、
刀を身に着け、銃を持っていれば、戦いの危険性は高まります。
銃を持つということが、心の中で、平和の準備ではなく、
戦いの準備を始める事になるのだから。

武力を持つものは戦いを求め、
兵器を仕事として作るものは、戦争が起こることをシミュレーションし始めます。
10年ごとに戦争を起すような構造を作り上げることになってしまいます。
あなたが、アメリカの陸軍や空軍に勤め、
あるいはアメリカで兵器を作る仕事に従事したら、
最高の兵器を作ろうとしないでしょうか? 
最高の兵器とは?  最高の軍隊とは?

兵器を持つという事は、
心の中に、
戦争を生み出すためのマトリックスを作り上げざるを得ないのです。

        『9・11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために』より





恒久の平和を誓う。
人間相互の関係を支配する崇高な理想を達成すること を誓う。
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しよう と誓う。

その誓うことなしには、真の平和は築けない。


つまり、こころの領域では、

人間相互の関係を支配する崇高な理想を達成すること を誓う。
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しよう と誓えば、

第9条日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


つまり、こころの領域では、
憲法9条の方向性、必要性は、否定できない。

だから、基地はなくていいし、軍縮を世界規模で進め、
日米同盟も、軍事的には、破棄されていくべき・・・・・




太陽の脈動を感じ、地上のビジョンを知って、それを言葉にして「表明」すれば、
その宇宙の目的にそった「思い」は実現する。

心の世界を地球上に「生み出す」ために、惑星に生きる。
宇宙の意志、最初にその「思い」があり、その地球でのビジョンをはっきり見つめ、
言葉にして「表明する」こと。

それがプロデュース、「創造」の第一歩。

表明すること。
その「表明」が宇宙の摂理にかなっている時、その「表明」は完全なものとなり、
宇宙の意志の創造として「生み出さ」れる。

仏語の「マニフェスタシオン」は「表明」であり、「顕われ」でもある。

                「コズミック・ダイアリー」より




今回の普天間についての鳩山首相のことばの問題。

それは、

心の世界を地球上に「生み出す」ために、惑星に生きる。
宇宙の意志、最初にその「思い」があり、その地球でのビジョンをはっきり見つめ、
言葉にして「表明する」こと。

この宇宙の法則の、「地球でのビジョンをはっきり見つめ」、
この地球のビジョンとして、明確なことば、デザインが、
鳩山さんには欠けていた。それが、必要なのだと思います。

だから、普天間については、小川さんの軍事的なこの地上での
明確なビジョンから、表明すれば、鳩山さんが普天間の解決が
出来たはずだと思います。

首相であっても、表明して、それが実現しない。

それは、ありえない状況です。




「マニフェスタシオン」は「表明」であり、「顕われ」

三次元的な軍事的な現実を見たくなくても、
政治家は、その現実のビジョンの中で、
アメリカの目的、そして、沖縄の人たちの気持ち、
そのなかで、地上のビジョンとして、明確なことばで
表明しなければならない。
そして、こころのビジョンをこの地上で実現する。

その明確な、この惑星で生きている意味。
崇高な理想を実現するために、生きていること。


そのために、普天間から、
もう一度、平和を考えてみる。

基地のある理由、アメリカの目的も知らずに、
アメリカが怒るとか、辺野古案の是非もわからず、報道がなされ、
政治家も同じ、官僚も同じ、
そして、多くの日本人がそういうレベルで生きているとしたら、
とんでもないことになると、誰でも気づくと思います。

11月に、2月に、そして、今、気づく叡智をもつことは、
出来ると思います。

講演でも話したように、小川さんの話が100%真実か、どうかも、
検証するのは大変な作業であり、軍事的な知識を全ての人が
持つ必要があるとは思いません。

でも、普天間の議論の中で、人間の叡智が働くには、
基本的なスタンスと情報が欠けたまま、流れているのに気づくことは
叡智を身につければ、出来るはずです。



今、ここから、
基地の意味、アメリカの世界戦略、そういうものを必要であれば、
知る。

あるいは、報道が伝えなければ、伝えるように言う。

肝心なことを報道しない、報道機関を
日本と、世界の平和のために批判し、変えていくことは、
重要なことです。



そして、あくまで、人間相互の関係を支配する崇高な理想を、
恒久の平和を、この地上にもたらすために、
全力で、生きて生きたいと思います。

生きた叡智と、単なる知識との差。

「知恵」と「知識」とは
まったく別の知性のはたらきだということを知ると、
平和についての単なる知識は、意味がない。
平和という、生きた叡智をご一緒に育みたいと思い、

今回の講演会を企画し、プロデュースしました。


          環境意識コミュニケーション研究所
                       代表    柳瀬 宏秀
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase