ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 80  宇宙の月(1)14:03:38 (2010年6月27日)
タイトル カレンダーは プログラミング
内容 カレンダーとは?


それを使うと、宇宙の摂理がわかり、
それを使うと、心も、体も、健康になる。

それが、本当のカレンダーです。




カレンダーが、月や太陽や星の周期からつくられたものなら、
そのカレンダーに従って生きていれば、
太陽や月のリズムを知り、宇宙の摂理が身につくはずです。

太陽や月、宇宙のリズムによって、
地球上のすべての生命、細胞や遺伝子が、形づくられたのならば、
宇宙のリズムに沿ったカレンダーに従って生きていれば、
細胞や遺伝子が正常なリズムを取り戻し、
身体も、精神も、健康になるはずです。

宇宙のリズム、イコール、生体のリズムということに気づき、
宇宙の摂理にあった人生が始まります。





宇宙に28日のリズムがあって、そのリズムの中で、細胞、遺伝子が育まれたとしたら、
からだのリズムも28日になるのが自然です。
お肌の細胞の周期(ターンオーバー)は28日。女性の生理の平均周期も28日。



宇宙のリズムも、カラダのリズムも、28日なのに、
頭の中だけまったく違うリズムで生きているとしたら、
自律神経がおかしくなってきます。

「1月は31日、2月は28日、3月は31日、4月は30日・・・・

宇宙にも、からだの中にも、

どこにも存在していないリズムのカレンダーを使っている」

それは、からだのリズムを狂わせるようにイメージトレーニングしているのと同じです。





誰も気がついていないのは

カレンダーが、人々をプログラミングしているという事実です。


コズミック・ダイアリーを使うということは、
人工的なリズムによるプログラミングから、
自然のリズムによるプログラミングに変更することなのです。

つまり、自然時間のカレンダーに変えることによって、
人類が自然と一体になり、本来の環境意識が
毎日、育ちはじめます。


カレンダーを変えることによって
「新しい時間の旅」への第一歩を、踏み出すことになるのです。


2005年に、ヤクルトホールで

河合隼雄(文化庁長官)+ホゼ・アグエイアス博士+柳瀬 宏秀  パネルディスカッション

     「カレンダーと環境」  

      カレンダーと人、カレンダーと社会、カレンダーと環境

というテーマで、講演したことがあります。


日本の叡智ともいえる、河合隼雄さんも、

「カレンダーのことは、考えたことがなかったなあ」と語って、

講演に真剣に、参加してくれました。

実は、ユングの専門家であった、河合さんと、
マヤの叡智であるコズミック・ダイアリーは、

「時間は、シンクロニック・オーダー」というポイントで、完全に交錯する叡智だからです。







28日周期は、

満月の周期    29.53日
月の公転周期   27.32日
太陽の自転の周期 約28日

1.満月と新月が大潮。半月は、小潮。
だから、満月の日に珊瑚が産卵するなど、海の生命は、満月の影響が大きい。
満月の周期は、29.53日。
満月の日は、太陽と地球と月が一直線になる、
科学的には、太陽と地球と月の位置関係によって生まれる周期であって、
正確には「月の周期」ではないのです。

2.そして、月が地球の周りを27.32日周期で、一年間に13回と少しまわっています。

3.太陽の対地球自転周期は、約28日。
生命が陸に上がり、太陽の自転も生命に大きな影響を与えます。
地球の気候に大きな影響を与える黒点現象。その黒点は太陽の自転で移動します。
その太陽の自転の周期が、約28日です。


この3つの太陽と月のリズムを融合して、
地球に影響を与える周期を推測すると、約28日。


「コズミック・ダイアリー」のひと月=28日は、
月だけでなく、太陽との関係も融合したサイクルなのです。
28日の周期が、オーガニック・オーダー、有機的秩序の周期であり、
宇宙の影響を受ける、地球の生物圏の普遍的なサイクルです。
28日というのは、地球に生きている生命にとって、重要な周期です。

自然と一致したリズムで、社会が動き始めれば、さらにシンクロが連続していきます。





マイ・ロハスで、毎年、「コズミック・ダイアリー」の記事を、取り扱っていただいています。

http://mylohas-shop.net/SHOP/0907-1102.html

その理由も、明確にわかると思います。



ロハスな生活をしているつもりでも、

宇宙にも、カラダにもない、ガタガタのカレンダーを使って、
自然を感じないように、プログラミングして、


Lifestyles Of Health And Sustainability
(健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)。

は難しいはずです。



自然時間のカレンダーを使うことによって、

初めて、同じ自然時間で生きている木々や、動物や、すべての自然を感じることが、

出来るはずです。



真の環境意識は、人類規模で、人類だけが、
自然時間でないカレンダーで、
社会生活のほとんどすべてがプログラミングされて、
自然を、環境を、感じなくなっているのが、宇宙的観点からみたら、理解できると思います。


自然を感じないように、破壊しても「痛み」を感じない、グレゴリオ暦のカレンダーから、

自然時間の、つまり、宇宙の周期である真の時間のカレンダーに、変えることが、

環境意識を育み、永続可能な生活スタイルをもたらすことは、明確です。



日本人が、いつ満月かも、知らなくなって、
木々の心も感じなくなった理由。

つまり、人だけが、自然時間と共振しない生き方を始めてしまい、
今も、感じなくさせている、カレンダーについて、

真剣に考えてみませんか?

http://www.async.ne.jp/cosmic/j/



7月26日から、始まる、コズミック・ダイアリーを使って、自然時間を身につけませんか?

それなしに、ロハスな生活は、ありえないのではないでしょうか?

http://www.async.ne.jp/cosmic/j/

http://mixi.jp/view_community.pl?id=284245





新しい年、7月26日から始まる、この時に、

集中的に、セミナーを行ないます。

http://www.async.ne.jp/cosmic/j/pdf/cosmicdiary-seminar-2010-6-8.pdf






ぜひ、カレンダーに意識を向けてみてください。

真のロハスな生活は、自然期間で生きること。

コズミック・ダイアリーで、時間を知り、周りの自然を感じる(環境)意識を取り戻すこと。

今、ここから、始めませんか?




コズミック・ダイアリー著者    柳瀬 宏秀


       −−−Mixiロハスのコミュに書き込みから
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Tess
KIN 80  黄色い月の太陽 宇宙の月(1)21:32:37 (2010年6月27日)
Tessです〜河合隼雄さんは 色んな意味であたしの師です。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase