ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 96  宇宙の月(17)18:44:09 (2010年7月13日)
タイトル 得票数 と 議席数 という もうひとつの「ねじれ」現象
内容 友人のメールを読んで、少し、今回の選挙と報道について、

本質を把握しておくことの重要性を、柳瀬からも伝えたくなった。



民主まさかの大敗。とか、敗北の文字が飛び交っているが・・・

どれほど、自民党が得票したのか、一人ひとりが、新聞から

情報を得ることを勧めたい。

今回の場合、国民の支持である、得票数を認識することを。







比例区の確定得票

                        (07年)

民主  1845万140票  31.56%16議席 (39.84%)

自民  1407万1671票  24.07% 12議席 (28.08%) 



公明  763万9432表  13.07%6議席 (13.18%)





選挙区の確定得票



民主  2275万6000票  38.97%  28議席 (40.45%) 

自民  1949万6083票  33.38%  39議席 (31.35%)   



公明  226万5818票   3.38%  3議席 (5.96%)





つまり、比例区でも、選挙区でも、5%−7% 民主党の方が多く得票している。

テレビのニュースも、自民党より、5%−7% 民主党が得票率が多いという事実も、

正確に報道すべきだ。







選挙区の 民主 28議席  :自民  39議席

      38.97% :    33.38%



は、どうしてなのか?



  「ねじれ」は、衆参のねじれの前に、

得票数と議員数が「ねじれ」逆なことに、気がつく。

 





一人区  民主  8議席 : 自民 21議席

    (07年 23議席 :    6議席 )



一人区は、1議席を争うために、(1%以下の差の地区が2つ。

 10%以下の差が、12議席。というように、) 僅かの差でも当落が決まる。







 公明党は、比例区で、13.07% 取っているのに、

 一人区には、一切候補を出していない。



 つまり、自民党に投票するように指示した地区がほとんどと推測できる。

 13.07% の票が、ほとんど流れたとみていい。それが選挙協力。 

               





 選挙の報道の方法が、党首のコメントを平等の時間で流す。

その結果、

 9人の党首が、選挙演説しているところを短く流すが、

 当然、今回は、民主批判の時間が 8/ 9 になっていた。

 10分の選挙報道があれば、そのうちの9分近くは、くせの強い党首たちが、

多次元的に、民主党批判をしているのが繰り返しテレビで流れる。

 その媒体効果、繰り返しの効果は、すごいと感じた。

 この報道によるコミュニケーションの方法では、浮動票が多い中で5−10%の民主党の票は減ったと推測できる。

 

 

 もうひとつ、前回の民主党票を平たくしたのが、 自民・民主両党への批判票が新たに集まった、

 みんなの党  比例区794万3650票 13.59%

        選挙区597万7391票 10.24%



 







 

公明党の票と、くせの強い他党全党首からの民主批判が9割近くの時間を占める

選挙の報道に、みんなの党 の要素があった上で、



比例区の確定得票

民主  1845万140票  31.56%16議席

自民  1407万1671票  24.07% 12議席 



選挙区の確定得票

民主  2275万6000票  38.97%  28議席 

自民  1949万6083票  33.38%  39議席





公明票の件、つまり、一人区の選挙対策と、

マスコミの報道の仕組み、手法が違ったなら、

民主の得票と、自民の得票がさらに開いていた。



その少しの違いがあれば、結果も、間違いなく、得票数の結果に近づき

今回の、得票と議員数の「ねじれ現象」はなかったと思われる。







本質は、国民が、どこに投票したか?という正確な把握と、

一人区での、2大政党の勝ち負け式のトリックというか、方式、仕組み。

それを明確に認識しておくべきだと思う。



必ずしも、国民は、自民党の方に多く投票をしたわけではない。

支持したわけではない。









「衆参両院で(多数派が異なる)ねじれが起きたのが直近の民意であり、

潔く菅首相が退陣するのが選挙結果に沿う政治行動だ。菅内閣は退陣すべきだ」

みんなの党の渡辺代表





結果の議席数と、得票率と、両方見ないと、

民意を正確に把握していないことになる。

そうすると、すべての日本人が同じように間違ってしまう。



得票率一位の政党に対して、

それでも「首相続投」が一面の見出しになる、というのは,

民意といいながら、どこか、本質を見ようとしない。

売れるか、どうか。話題になるか、どうかだけを目的に考える。見出しの方針???

そういうコミュニケーションは、まがごとです。



もちろん、現実の政治は、議席数。

数字で決まる可能性が強いことも、

現実として認識すべきことは、当然ですが・・・



民意・・という以上、

得票数にも、気を配るべきなのはもっともっと当然です。

それが、民意の現実に近いのですから。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase