ログイン
miki さん
銀河の音(宇宙)
太陽の紋章(赤い月)
KIN 169  
存在 持ちこたえる 超える
presence endure transcend
普遍的な水 清める 流れ
universal water purifies flow
 
★mikiさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆mikiさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆mikiさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 174  共振の月(3)18:59:56 (2010年1月12日)
タイトル ありがとう  素敵な本を。
内容
先週末

柳瀬さんの COSMIC READINGを受講してきました。

セミナーの帰り道、
きっと私は 不気味に微笑んでいたと思います。(笑)

何度も瞑想をしながら速読をしたからか
頭のネジが 緩んでいたようです。(*^.^*)

ホゼさんが推奨している
「ナチュラル・マインド・メディテーション」は
ほぼ毎日 続けている大好きな瞑想の一つですが 今回はもう一つの瞑想があって

これが また気持ち良かったんですよ〜。

私は 脳が動くのを感じるタイプなので
お酒を飲んだり 瞑想したり 怒ったりすると
脳が 色んな音を立てます。


・・・と、表現するしかない状態になるわけですが

この瞑想の時も ぺキペキと鳴っていて
それが とても心地良かったのです。

セミナーの内容も 楽しくて大満足でした。

心から お勧めしたいセミナーです。

次回がいつなのか 分かりませんが 是非 参加してみてください!
私も 今回 全3回の2,3回目に参加出来ないため
次回 参加出来たら 嬉しいなぁ〜と予定に入れる気持ちでいますので
皆さんと 御一緒出来るかもしれませんね♪


私は 自分の家族に物書きが多いので 本は出来るだけ・・・
小説は特に 借りるのではなく
買いたい、と思ってきました。

そんな ただの本好きですが これからは 情報だけでなく
”こころ”と一緒に 記憶していけるようになれそうです。


・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・

それにしても 家族が 本当に本関係の人ばかりなんですよ。

祖父は物書きでしたが
同人誌のようなところで
編集者として 本に携わっていくようになり
太宰の担当などもしていたようですが
 戦争中のことですから 個人の思想は書けず
もし 貧しさと闘い執筆を続けるならば
おかしいと知りつつも ”軍”と
”天皇”を称賛する分野のものを書かなくては
ならなくなった時 信念を曲げられず 仕事が減り
英語の教師などもしていたようです。


そう思うと 自由に”表明”出来る今の時代は
それだけで とても幸せなことですね。
祖父や父のことを思うと グッとくるんです。
”喝”を入れられているようで 嬉しくなったりもします。


曽祖父は 
ハワイのキリスト教の教会で 伝道活動をしたのち
日本に戻り 伝道活動をしながら英語の教師をしていましたが
短歌や俳句の世界で ひいばあちゃんと共に 活躍しました。

話が逸れますが これを思い出すと
私も もうちょっと頑張れば
英語が喋れるようになるような気がしますが
上達しません。。。(笑)


話を戻して

二人いる叔父も作家です。
 父は漫画の原作を書いていました。


そんなわけで 子供の頃から
本や雑誌など とても大切にするよう
躾けられてきたエピソードは色々とあります。


どうして こんなことを書いているかというと

本て DNAが読んでいるなぁ〜って感じることがあって
セミナーを受けてから それを より深く意識出来るようになりました。

それから
少し テレ隠しかな・・・(*・・*)

実は うふふ♪

ご報告と宣伝です。

母の本が今日から 書店に並びました O(≧▽≦)O ワーイ♪


母は 昔から童話を書いていました。
子供心に 原稿用紙に向かう母の姿を記憶しています。

そんな母の
今回は十数年ぶりの出版で

分野は 童話ではなくて
漫画の原作を書いていた 父の物語です。


タイトルは 「スタートは四畳半、卓袱台一つ」
http://www.amazon.co.jp/dp/4063647870/ref=nosim/?tag=biglobe06-src-link-22&linkCode=as1

高森篤子 講談社 1,500円



朝、母から電話があって 「これから本屋さんに行って買ってくる♪」と、
報告してくれるのを聞いて

数年前、私が本を出した時に
「発売の日に 自分で買ってきて
その本を大切にしなさいね。」と言ってくれたのを思い出しました。


「え〜っ!? いいよ!家にいっぱい献本があるもん。」と、答えたら

父も 若いころ 本が出ると自分で 
わざわざお金を出して買って それを とても大事にしていたのよ。と教えてくれて 

”想い”って そういうものだなぁ・・・と
感動したことを覚えています。


私も今日は
実家へ行けば あることは分かっている本を
本屋へ出かけ買い求めて

笑い転げたり 号泣したりしながら
とても楽しく読みました。


羨ましくなるほどの”愛”が溢れている本でした。

母に感動を伝えたくて
柄にもなく お祝いの電報を送りました。

そういうことって後で照れますね(笑)

多分 誰が読んでも 楽しめる本だと思いますので
手にとって見てくださったら 嬉しいです。


∞感謝∞
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Spica
KIN 176  黄色い共振の戦士 共振の月(5)21:15:16 (2010年1月14日)
こんにちは!
作家さん一族なんて、すてきですね。
このブログ実はちょっとした「作家クラブ」???
しかも、あしたのジョーだったなんて!!!
miki
KIN 177  赤い銀河の地球 共振の月(6)22:47:50 (2010年1月15日)
NORIKOさん♪

コメントありがとうございます!

先日の講師セミナーで初めて お会い出来て
嬉しく思っていました。

「作家クラブ」って表現(笑) 好きになりました。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase