ログイン

コズミック・ダイアリーには、マヤの神聖暦「ツォルキン」が組み込まれています。

マヤの人たちは、17‐19種類のカレンダーを使っていたといわれています。
「ツォルキン」というのは、
マヤの神官たちが神事のために使っていた神聖暦です。

「13の月の暦」、コズミック・ダイアリーでは、
28日×13ヶ月+1日 の 自然のリズムを取り戻すカレンダーと
「ツォルキン」と呼ばれる、マヤの神官たちが使っていた
13日×20日=260日 のカレンダーが組み込まれています。

時間は四次元。

四次元は、空間(という三次元)を取り囲む心の状態と考え、
260日周期は心の問題、精神をつかさどるカレンダーとして、
マヤでは使われてきました。

新しい時間への旅立ちが、始まります。

28日周期の自然時間のコズミック・ダイアリーを使い始める。
それと同時に「時間は、オーガニック・オーダー」ということを、
自然から感じる日々を重ねると、
宇宙にまでつながる、自然周期の時間を感じ始めます。

一輪の花を見て、宇宙を感じ、
海を見て、宇宙を感じるのが、あたりまえになります。

その自然時間を取り戻すと、
時間は本来、四次元以上のものなので、
次に、その四次元以上の時間に、自動的にアクセスし始めます。
シンクロが、頻発し始めます。

それを加速するのが、四次元以上の時間の指標である
マヤの神聖暦「ツォルキン」です。

「ツォルキン」は、260日(13日×20日=260日)の周期です。
13日周期が「銀河の音」、
20日周期は「太陽の紋章」と呼ばれ、
それぞれの流れに13と20の名前を与えられています。

ツォルキン表 銀河の機織
縦20日(太陽の紋章)×横13日(銀河の音) = 260日

 前のページへ 次のページへ

ツォルキン


Find GALACTIC TIME POSITION(調べたい日の「銀河の署名」の検索)
年月日を入力すると、「13の月の暦」が表示されます。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase