ログイン
グレゴリオ暦の2019年1月24日の「13の月の暦」
赤い宇宙の月の年
共振の月 15日
Resonant Moon(Seventh Moon - January 10 to February 6)
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED
銀河の音:宇宙(13)
太陽の紋章:青い猿(11)
KIN 91 青い宇宙の猿
存在 持ちこたえる 超える
presence endure transcend
魔術 遊ぶ 幻想
magic plays illusion
KINの書

KIN91

私は 遊ぶために 持ちこたえる

幻想を 超えながら

存在という 宇宙の音とともに

私は 魔術のプロセスを 確信する

私は ヴィジョンの力に 導かれる

I endure in order to play

Transcending illusion

I seal the process of magic

With the cosmic tone of presence

I am guided by the power of vision

 
Find GALACTIC TIME POSITION(調べたい日の「銀河の署名」の検索)
Planet Holon & Human Holon
共振の月

調音する。チャネルを合わせる。

新しい「思い」、深い「思い」を伝えるためには、

伝えるものと伝えられるものとの間で、チャネルをあわせる必要があるかもしれない。

イエスや仏陀は、宇宙の真理を伝えるのに、

三次元の人に、三次元の言葉で伝えるのに

「たとえ話」にして、その真理を理解できる話にして、わかるように伝えた。

心と心が共振するためには、

話す相手に、話しかける動物に、話しかける植物に、大地に、雨に、自然現象に、

チャネルを合わせることが必要なのかもしれない。

生命がすべて、自然の摂理にあった生活をして、

共通の認識があれば、「阿吽の呼吸」が生まれる。

共振の月の28日間は、

自分の心の中、自分の体のこと、家族との共振、

身近なところの共振関係から見直して欲しい。

「行い」が、自然のリズムに合っているだろうか?

宇宙の摂理にチャネルを合わせてみよう。

宇宙の摂理を感じること。つぎに、すべての行為を宇宙のリズムに合わせること。

その行為は、宇宙に展開されていく。

共振の場は、テレパシーを生み出す。

How can I attune my service to others?

Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase