ログイン
グレゴリオ暦の2017年4月30日の「13の月の暦」
青いスペクトルの嵐の年
惑星の月 27日
Planetary Moon(Tenth Moon - April 4 to May 1)
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON
銀河の音:電気(3)
太陽の紋章:赤い地球(17)
KIN 237 赤い電気の地球
奉仕 活性化する つなぐ
service activate bond
舵取り 発展させる 共時性
navigation evolves synchronicity
KINの書

KIN237

私は 発展させるために 活性化する

共時性を つなぎながら

奉仕という 電気の音とともに

私は 舵取りのマトリックスを 確信する

私は 誕生という力に 導かれる

I activate in order to evolve

Bonding synchronicity

I seal the matrix of navigation

With the electric tone of service

I am guided by the power of birth

 
Find GALACTIC TIME POSITION(調べたい日の「銀河の署名」の検索)
Planet Holon & Human Holon
惑星の月

どのように完成させるのか?
「表明」(マニフェスタシオン)から、「創造」(プロデュース)へ

「始めに言葉ありき。」

太陽の脈動を感じ、それを地上の言葉として表明すれば、

その宇宙の目的にそった「思い」は実現する。

心の世界を地球上に生み出すために、銀河の中心の目的。

最初にその「思い」があり、その地球でのビジョンをはっきり見つめ、

言葉にして表明すること。

それがプロデュース「創造」の第一歩。

表明すること。

その「表明」が宇宙の摂理にかなっている時、その「表明」が完全なものとなり、

宇宙の創造として生み出される。

「マニフェスタシオン」は、現われ、顕現でもある。

惑星の月の28日間に、身につけて欲しいのは、

この地上に宇宙の目的を成就することによって、

地球という惑星で、生きる意味を見いだすこと。

その方法として、太陽の意思を感じ、

「表明(マニフェスタシオン)から、創造へ」という

宇宙の法則を知ってほしい。

How do I perfect what I do?

Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase