ログイン
グレゴリオ暦の2019年8月24日の「13の月の暦」
白い磁気の魔法使いの年
月の月 2日
Lunar Moon(Second Moon - August 23 to September 19)
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU
銀河の音:自己存在(4)
太陽の紋章:青い夜(3)
KIN 43 青い自己存在の夜
明らかにする 測る
form define measure
豊かさ 夢見る 直観
abundance dreams intuition
KINの書

KIN43

私は 夢見るために 明らかにする

直観を 測りながら

形という 自己存在の音とともに

私は 豊かさの入力を 確信する

私は 自己発生の力に 導かれる

私は銀河の活性化の正門 私に入りなさい

I define in order to dream

Measuring intuition

I seal the input of abundance

With the self-Existing tone of form

I am guided by the power of self-generation

I am galactic activation portal enter me

 
Find GALACTIC TIME POSITION(調べたい日の「銀河の署名」の検索)
Planet Holon & Human Holon
月の月

目的を方向づける

月は、生命の二元性をあらわす。

空に一筋の川の流れ、星々が形づくる川の流れ、

地球からみると、太陽と月は、ほぼ同じ大きさ。

月は太陽の光を受けて夜に輝き、人に「陰陽」という二元性の関係を感じさせてくれる。

「陰陽」は対立ではなく、二つが組み合わされてひとつになっている。

「磁気の月」、「月の月」、「電気の月」、「自己存在の月」、

コズミック・ダイアリーの最初の四つの月は、行為を生み出すためのベーシックな宇宙論。

月の月の働きは、二つに分ける(「極性を与える」)ことによってエネルギーを生み出す。

北極と南極という対の極を生み出す。

でも、宇宙から見ると、それは対立としてではなく北極から南極へ、

また、南極から北極へと、

磁力の循環する安定したエネルギーの働きとして、とらえることができる。

月の月の28日間は、

目に見えないエネルギーが醸成されていることを、宇宙から感じてみよう。

「チャレンジ」という「新しいものに向かう心の力」は、

新しい価値観、新しい時代に向かうエネルギーを強める。

銀河から見ると、地球の上で、陰陽のように安定させることになる。

同じ地球から、ひとつの月を見ていることにかわりはない。

何億年の歴史の中での、生命としての大きな目的を感じてみたい。

What is my challenge?

Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase